教育研究入門I

科目ナンバリング U-EDU00 15018 LJ46
U-EDU00 15018 LJ47
開講年度・開講期 2021 ・ 前期
単位数 単位 授業形態 講義
配当学年 対象学生
使用言語 日本語 曜時限 火1
教員 鈴木 晶子 (教育学研究科 教授)
高橋 雄介 (教育学研究科 准教授)
開沼 太郎 (教育学研究科 准教授)
授業の概要・目的 教育学部では、多様な研究方法に基づいて、研究が行われている。
この科目では、そうした研究の一端を学ぶことを目的として、実際に調査を経験し、研究の基礎を体験的に学ぶ。
同時に、グループにおける共同作業を通して専門的に議論を深める機会を経験し、また、その成果を報告する機会(プレゼンテーションの作成・実施)を経験することによって、研究の全体的プロセスを学ぶ機会とする。
研究は深めれば深めるほどわからないことが見えてくる。その経験を踏み台として、その後の専
門的な学びへとモチべーションが高まることが期待されている。
後期の教育研究入門IIとあわせて受講すること。
到達目標 ・共通テーマに対してグループで研究課題を設定して調査活動を進め、研究方法についての理解を
深める。
・調査した過程と成果・課題について、ポスター発表形式で端的に伝えるプレゼンテーションを作成し、発表を行うとともに、質疑応答に対応する力を伸ばす。
授業計画と内容 1.オリエンテーション
第1回 授業概要の説明、担当教員より研究テーマ・方法例の紹介
第2回 調査・研究法入門講座・必読文献の紹介
第3回 グループ分け、研究課題の設定に向けた質疑応答
第4回 各グループ研究課題の設定、グループ別作業の確認
2.グループ別活動
第5回 グループ別活動1: 調査、中間発表に向けたレジュメ作成
第6回 グループ別活動2: 調査、中間発表に向けたレジュメ作成
第7回 グループ別活動3: 調査、中間発表に向けたレジュメ作成
3.中間発表会
第8回 現代教育基礎学系グループの発表と検討
第9回 教育心理学系グループの発表と検討
第10回 相関システム論系グループの発表と検討
4.グループ別活動
第11回 グループ別活動4: 追加調査、ポスター作成
第12回 グループ別活動5: 追加調査、ポスター作成
第13回 グループ別活動6: ポスター完成
5.全体発表会、フィードバック
第14回 ポスター発表形式で発表
第15回 フィードバック
成績評価の方法・観点 ・中間検討会での発表と討議: 30点 ・最終プレゼンテーション: 40点 ・探究した課題に関連する個人レポート:30点
評価方針は、到達目標について、教育学部の成績評価の方針に従って評価する。
履修要件 他学部学生の履修は認めない。履修希望者は必ず第1回の授業に出席すること。
授業外学習(予習・復習)等 各グループの計画に沿って、授業時間以外に、必要な調査を行う。
プレゼンテーション(レジュメやポスター)の作成など、授業外の時間にも、共同作業が必要に
なる。
PAGE TOP