食料・環境経済学概論

科目ナンバリング U-AGR04 1D103 LJ82 開講年度・開講期 2021 ・ 前期
単位数 2 単位 授業形態 講義
配当学年 1回生 対象学生
使用言語 日本語 曜時限 水2
教員 足立 芳宏 (農学研究科 教授)
栗山 浩一 (農学研究科 教授)
授業の概要・目的  日本および世界における農業・食料・環境などをめぐる歴史と現状を理解した上で、経済学・歴史学の観点から、問題の所在を明らかにすると同時にその解決策を考察する。
到達目標  農業・食料・環境問題を経済学的に考察する視点と分析方法について理解を深める。
授業計画と内容 Ⅰ.食・農・環境の近代史(足立)

(1)食と貧困―砂糖にみる南北問題の起源―(第1回) 
(2)アイルランド大飢饉と移民―ジャガイモの近代史―(第2回)
(3)世界戦争と食資源開発―大豆にみる20世紀食糧戦―(第3回)
(4)コカ・コーラ―大量消費社会のマーケッティング―(第4回)
(5)食と差別―肉食と屠畜の社会史―(第5回)
(6)「下肥」の比較環境史 ―都市屎尿問題と近郊農業史―(第6回)
(7)ルイセンコ事件とソ連農学―20世紀農学の「負」のエピソード―(第7回)

II.食料環境問題と経済学(栗山)

(1) 食料環境問題とは何か(第8回)
(2) なぜ環境破壊が起きるのか(第9回)
(3) 環境保全型製品は普及できるか(第10回)
(4) 国際協力で環境保全は実現できるか(第11回)
(5) 食品の安全性は確保できるか(第12回)
(6) 人と自然は共生できるか(第13回)
(7) 食料環境問題の課題(第14回)

Ⅲ.フィードバック:2人の各々の最終講義日に、教室で質問に回答
成績評価の方法・観点  足立担当分はレポート(50%)、栗山担当分は、期末レポート (30%)とレスポンスペーパー(20%) で評価する。
 評価基準及び達成度については、当該年度農学部学生便覧記載の「評価基準及び達成度」による。
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等  講義時にレジメを配布する。参考文献と併せて復習や自発的な学習に役立て、その成果をレポートなどに反映させてほしい。
PAGE TOP