農業システム工学

科目ナンバリング U-AGR03 3C145 LJ83 開講年度・開講期 2021 ・ 後期
単位数 2 単位 授業形態 講義
配当学年 3回生 対象学生
使用言語 日本語 曜時限 水1
教員 中嶋 洋 (農学研究科 教授)
宮坂 寿郎 (農学研究科 助教)
大土井 克明 (農学研究科 助教)
授業の概要・目的 本講義では,3教員で分担して,植物とそれを取り巻く環境要因との関係を扱う植物環境工学,土と車両の接触問題を扱うテラメカニックス,生産栽培管理に関するデータサイエンスとシステム工学,生物資源におけるエネルギー循環を扱う資源循環に関する内容について,エネルギー効率や省エネルギーを共通の鍵として講述する.それぞれの内容ついて,最新の考え方,問題解決手法ならびに専門用語の理解を目的とする.

到達目標 植物成長と環境要因との間の関係が理解できること.
農業機械の走行装置と土との関係の考え方が理解できること.
データサイエンスの基礎的な概念と応用が理解できること.
資源循環についての各種方法について理解できること.
授業計画と内容 以下のような課題について授業をする予定である.なお,理解度に応じて内容を変更することがある.
1.農業システム工学とは(宮坂)
2.農業データサイエンス研究紹介(宮坂)
3.農業データサイエンス(1)(宮坂)
4.農業データサイエンス(2)(宮坂)
5.農業データサイエンス(3)(宮坂)
6.植物環境工学(中嶋)
7.テラメカニックス(1)(中嶋)
8.テラメカニックス(2)(中嶋)
9.テラメカニックス(3)(中嶋)
10. テラメカニックス(4)(中嶋)
11. 再生可能エネルギーと資源循環(1)(大土井)
12. 再生可能エネルギーと資源循環(2)(大土井)
13. 再生可能エネルギーと資源循環(3)(大土井)
14. 再生可能エネルギーと資源循環(4)(大土井)
15. フィードバック(全員;研究室内に待機し,質問に来た学生に対して回答する)

<<期末試験>>
成績評価の方法・観点 【評価方法】
試験の成績(100%)

なお,原則として出席回数が授業回数の2/3に達することを評価を受けるための前提条件とする.また,遅刻は3回ごとに欠席1回としてカウントする.

【評価基準】
評価基準及び方針については,当該年度農学部学生便覧記載の[評価基準及び方針]による.
履修要件 特になし
授業外学習(予習・復習)等 講義資料により予習し専門用語の意味等を事前に理解しておくことが望ましい.
教科書 分担内容に応じて,プリント等講義資料を配布する.
PAGE TOP