森林利用学実習及び実習法

科目ナンバリング U-AGR05 3E233 PJ80 開講年度・開講期 2021 ・ 前期集中
単位数 2 単位 授業形態 実習
配当学年 3回生 対象学生
使用言語 日本語 曜時限 集中
教員 岡田 直紀 (農学研究科 准教授)
檀浦 正子 (農学研究科 助教)
授業の概要・目的  森林の持続的管理と利用のために必要な方法論,基礎的技術について実習を行う.
到達目標  樹木識別、毎木調査、森林の現存量調査に関する知識と技術を習得する。
授業計画と内容 1.樹木識別実習(岡田 5回)
尾根筋から谷筋へ水分傾斜に従って植生がどのように変化し,どのような樹木が現れるかを確認しながら,その特徴を学ぶ.

2.毎木調査の方法(岡田、檀浦 4回)
調査区の設定、樹高・胸高直径の測定、立木位置図、樹幹投影図の作成する。

3.樹木のバイオマス計測(岡田、檀浦 5回)
 樹木個体および林分レベルでのバイオマス計測法について学ぶ。
成績評価の方法・観点  出席とレポートの提出に基づいて成績評価を行う.評価基準及び方針については、当該年度農学部学生便覧記載の[評価基準及び方針]による。
履修要件  実習定員の関係で森林科学科の履修者を優先する。定員に空きがある場合のみ、他学科、他学部の受講者を受け入れる。
授業外学習(予習・復習)等  2回生および3回生前期配当の専門科目を履修し、森林と林業に関する基礎知識を習得しておくこと。
PAGE TOP