コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
セクション
現在位置: ホーム ja 国際会議 第51回国際漢蔵語学会

79 - 第51回国際漢蔵語学会, 2018

第51回国際漢蔵語学会

第51回国際漢蔵語学会

2018年9月25日〜28日
京都大学吉田南キャンパス・吉田南総合館北棟

Prof. Justin Watkins (SOAS, University of London)
Prof. James A. Matisoff (University of California, Berkeley)
Prof. Jackson T.-S. Sun (Academia Sinica)

講演映像

概要

 国際漢蔵語学会(International Conference on Sino-Tibetan Languages and Linguistics)は1968 年以来、50 年にわたり、シナ・チベット諸語研究者の有志によって開催されてきている。当初はシナ・チベット諸語の系統関係が議論の中心であった。しかしながら、言語学にかかわる分野であれば、音声学・音韻論、形態論、統語論、意味論、歴史言語学、社会言語学などさまざまな分野からの発表がおこなわれるようになってきている。 特に近年は、中国やインド、東南アジア諸国での臨地調査が容易になってきたことをうけて、当該地域の未記述言語や消滅危機言語にかんする研究発表もさかんである。また、シナ・チベット諸語の枠組みをこえて、近隣のオーストロアジア諸語やオースロネシア諸語、タイ諸語にかんする研究発表もみられる。
 本オープンコースウェアは、第 51 回国際漢蔵語学会のうち、三つの基調講演を公開するものである。
(現在、James A. Matisoff 先生とJackson T.-S. Sun 先生の講演映像を先行公開しています。)

Course Description

Since 1968, the International Conference on Sino-Tibetan Languages and Linguistics (ICSTLL) has been held by volunteers of researchers working on Sino-Tibetan languages. Initially, the main focus of the conference was to discuss the genetic relationship between Chinese and Tibeto-Burman languages. However, the conference now covers a wide range of fields related to Sino-Tibetan linguistics such as phonetics, phonology, morphology, syntax, semantics, historical linguistics, sociolinguistics among others. Especially in recent years, as it has become easier to carry out linguistic fieldwork in China, India, and Southeast Asian countries, presentations on undescribed languages as well as endangered languages got popular in the conference. In addition to Sino-Tibetan languages, there are presentations on neighbouring Austro-Asiatic languages, Austronesian languages, and Tai-Kadai languages.
This open courseware provides three plenary talks from the 51st International Conference on Sino-Tibetan Languages and Linguistics.
(We antecedently offer the lecture of Prof. James A. Matisoff and Prof. Jackson T.-S. Sun.)