コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
セクション

講義ビデオ

# 概要 担当教員 ビデオ
第1回 2017年5月25日 なぜランダム化が必要なのか?
  • なぜ二重盲検ランダム化臨床試験が必要なのか?
  • ランダム化の方法
  • 特殊なランダム化
  • ランダム化後に生じた治療切り替えの問題
田中 司朗 特定教授 Video
第2回 2017年7月20日 リスクの指標と治療効果の指標
  • 事例1. RE-LY試験
  • リスクの指標と治療効果の指標
  • 指標の解釈
  • リスク・発生率の95%の信頼区間
  • オッズ比とロジスティック回帰の関係
  • 事例2. 福島県民健康調査
田中 司朗 特定教授 Video
第3回 2017年10月19日 仮説検定とP値の誤解
  • 検定とP値のさまざまな誤解
  • American Statistical Association
  • 検定の復習
  • 誤解しない、されないためには?
佐藤 俊哉 教授 Video
第4回 2017年12月21日 生存時間解析の基礎
  • 講義概要
  • 臨床試験の事例
  • 生存時間とは
  • カプラン・マイヤー法
  • コックス回帰
  • 統計ソフトウェア(JMP)による解析
  • まとめ
米本 直裕 助教 Video
第5回 2018年2月1日 メタアナリシス
  • 前回までの復習
  • 試験ごとのバイアスの評価
  • 公表バイアスは
  • 固定効果モデルと変量効果モデル
  • サブグループ解析と交互作用の検定
田中 司朗 特定教授 Video
第6回 2018年5月17日 統計家の行動基準 この臨床試験できますか?
Ⅰ 人体実験にはルールがある
  • 臨床試験はなぜ必要か、誰が対象になるのか
  • 人体実験の歴史と規制がどう発展したか
  • 臨床試験を実施するための条件は
Ⅱ 臨床研究の科学性を担保しようとすると、倫理性が問われることになるとき、どうするか
  • 劇的な効果をもつ新薬の臨床試験
  • どのようなデザインにするか
  • なぜそのデザインにするか
佐藤 恵子 特任准教授 Video
第7回 2018年7月12日 データマネジメントとは
  • データマネジメントに対する認識/データマネジメントの必要性
  • 臨床研究における品質と品質管理の変化
  • 臨床研究におけるデータマネジメントの役割①
    「計画・準備段階」:データ収集
  • 臨床研究におけるデータマネジメントの役割②
    「計画・準備段階」:病例報告書とデータベースの要件
  • 臨床研究におけるデータマネジメントの役割③
    「実施段階」:データ入力,データクリーニング,コーディング,問い合わせ,データ収集
  • 臨床研究におけるデータマネジメントの役割④
    「データをまとめる,終了段階」:病例検討会,データ固定,解析結果・報告書のレビュー / 講義のまとめ
多田 春江 特定准教授 Video
第8回 2018年10月25日 ランダム化ができないとき
  • 実験研究と観察研究
  • 観察研究の意義
  • 研究の妥当性
  • 比較の妥当性/追跡の妥当性
  • 測定の妥当性
  • 解析の妥当性/まとめ
佐藤 俊哉 教授 Video
第9回 2018年12月20日 交絡とその調整
  • 交絡とは?(前回の復習)
  • 交絡の定義と交絡要因
  • デザインでの交絡の制御 限定
  • デザインでの交絡の制御 マッチング・ランダム化
  • 解析での交絡の調整 層別解析による調整: 標準化 曝露グループがターゲット集団の場合の標準化
  • 解析での交絡の調整 層別解析による調整: 標準化 集団全体が ターゲット集団の場合の標準化
佐藤 俊哉 教授 Video
第10回 2019年2月21日 回帰モデルと傾向スコア
  • 回帰モデルによる交絡調整 回帰モデルとは?
  • 回帰モデルによる交絡調整 共通効果の推定
  • 傾向スコアによる交絡調整 傾向スコアとは?
  • 傾向スコアによる交絡調整 平均曝露効果の推定
  • 未測定の交絡の影響
佐藤 俊哉 教授 Video