コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
セクション
現在位置: ホーム ja 人間・環境学研究科 ウイルス多様性科学2 シラバス

シラバス

[担当者]

三浦

[内容]

ヒトの病原性レトロウイルスとして、エイズの原因ウイルスであるヒト免疫不全ウイルス(HIV)と、成人T細胞白血病の原因ウイルスであるヒトT細胞白血病ウイルス(HTLV)が知られているが、それぞれ類似のウイルス(SIV/STLV)をヒト以外の霊長類も保有している。我々はこれまでにアフリカをはじめとする世界各地の研究グループとの共同研究により抗体陽性のヒトやサルより血液材料を得て、様々なタイプのHIV/SIVおよびHTLV/STLVの分離とその遺伝子解析を行い、これらウイルスの起源と伝播・変異と進化の問題を長期にわたり研究してきた。その過程で、特にアフリカ分離株の解析からこれらウイルスが霊長類において非常に低頻度ではあるがサル−ヒト間をも含む種間感染を繰り返しながら今日に至っている様子が明らかとなってきた。この非常に低頻度におこる種間感染に起因するヒトへのアウトブレイクがまさに新興感染症が起こる基本的メカニズムである。霊長類におけるレトロウイルス感染を人獣共通感染症と位置づけ、今後も警戒する必要があるであろう。
一方、急務とされるエイズ予防・治療法開発のためには、感染個体レベルで実験的に解析できる動物モデルが必須であるが、HIV-1が感染する動物種は非常に限られている。我々は、SIVを用いて、外皮蛋白遺伝子(env)を中心とした約半分のゲノム領域をHIV-1のものと置き換えたサル/ヒト免疫不全キメラウイルス(SHIV)を作製し、アカゲザルを用いたエイズの感染モデル系を確立した。このSHIVにより、env等を標的としたエイズの試作ワクチンの評価に通常の実験用サルの使用が可能となったが、一方で、実験感染により異なる病態を示すSHIV株が得られるようになった。これら異なる病態を呈するSHIVについて遺伝子レベルでの構造解析や更なる組み換え体の作製とその培養細胞レベルでの性状解析そしてサル接種実験による感染個体レベルでの病態解析を統合的に行うことにより、エイズの病原性の分子基盤を理解し、エイズ予防・治療法開発に貢献できるものと期待される。