コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
セクション
現在位置: ホーム ja 人間・環境学研究科 言語科学基礎論 I シラバス

シラバス

[担当者]

藤田

[対象学生 ]

全学・全回生

[授業計画]

まず科学一般の方法論を解説し、現代の言語科学がカバーする広範な領域とその関連分野を俯瞰した後、特に人間の言語能力の中核的部分である統語演算系(シンタクス)とそれに隣接する解釈系とのインターフェイスに関する近年の理論研究の一端を紹介する。代表的な理論言語学のパラダイムである生成文法 (Generative Grammar)の立場から、言語機構の基本デザイン、深層の普遍性と表層の多様性、言語能力の種固有性、領域固有性、生得性、共時的・通時的・発達的変異に対する媒介変数理論による説明方法などに関する解説を行う。また生物言語学(Biolinguistics)の立場から、回帰性の問題を中心にした言語進化研究の現状についても紹介する。