コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
セクション
現在位置: ホーム ja 人間・環境学研究科 言語科学基礎論 I 講義ノート

講義ノート

SES # 概要 資料
第1回 仮説演繹法と反証主義について述べ、現代言語学の科学性と学際性を確認する。 人間言語の基本特性である構造依存性と二重分節性について解説する。 PDF(412KB)
第2回 生成文法の採用する基本理念である内在主義について解説し、普遍文法理論から 見た言語獲得とはどのような現象かについて考察する。 PDF(340KB)
第3回 言語生得説の詳細な説明を行い、言語の個体発生および系統発生の基本的問題を 提示する。 PDF(324KB)
第4回 具体例をあげながら幼児の脳内文法が個体の経験を超えるものであることを確認 する。また言語の回帰性について解説する。 PDF(212KB)
第5回 言語の構造と意味の関係についての、構造依存性・合成性について考察し、古典 的な句構造規則の考え方とその問題点を解説する。 PDF(76KB)
第6回 句構造規則に取って代わるXバー理論の解説と、それに基づくwh疑問文の構造 分析を紹介する。また演算子束縛の概念について解説する。 PDF(72KB)
第7回 述語論理学の基本を解説し、統語演算操作によって形成される演算子・変数関係 がどのように数量詞のスコープ決定に関わるかを考察する。 PDF(48KB)
第8回 述語論理学の基本を解説し、統語演算操作によって形成される演算子・変数関係 がどのように数量詞のスコープ決定に関わるかを考察する。 PDF(36KB)
第9回 述語論理学の基本を解説し、統語演算操作によって形成される演算子・変数関係 がどのように数量詞のスコープ決定に関わるかを考察する。 PDF(32KB)
第10回 個別言語間に見られる基本語順の相違を、主要部媒介変数(Head Parameter)によ って説明し、媒介変数の概念について解説を加える。 PDF(44KB)
第11回 主要部移動(Head movement)の適用がもたらす個別言語間の語順の相違を説明す る。またこの移動が示す極小性(minimality)・局所性(locality)の効果について解説 する。 PDF(52KB)
第12回 各動詞をその項構造と、そこから投射される動詞句の内部構造の相違に基づいて 分類する方法を紹介する。 PDF(48KB)
第13回 各動詞をその項構造と、そこから投射される動詞句の内部構造の相違に基づいて 分類する方法を紹介する。 PDF(124KB)