コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
 

風神雷神 尾ノ岡紘平

この動画のコンセプト

菅原道真が死後なったと伝えられる雷神は民衆に惧れと同時に偉大さを抱かせる存在と考え、初めにぽつぽつとした雨が降り始めだんだん激しくなりだし雷が鳴りだすあたりで雷神の出現である。雷神の怒り・怨念みたいなもののヴォルテージは大きくなっていき最後までその怒りは収まらない。正反対に風神は民衆に風で恩恵をもたらし、時には災害をもたらす神と考え、最初は神々しく現れ一瞬の怒りを表現し、最後には怒りも治まって穏やかでなおかつ神々しい雰囲気を表現した。