コンテンツに飛ぶ | ナビゲーションに飛ぶ

  • 日本語
  • English
セクション
現在位置: ホーム ja 学術情報メディアセンター 情報と社会 シラバス

シラバス

京都大学OpenCourseWare | 全学共通科目 | メディア・アート| シラバス

[担当者]

美濃 導彦

[授業計画]

人間同士のコミュニケーションを支援する情報メディアが社会にどのような影響を与え、社会をどのように変えていく可能性があるのか、という問題を考察する。
(1)情報メディアの技術史:人間同士のコミュニケーションが、技術的にどのように支援されてきたかを振り返り、情報メディア技術の転換点を明確にする。
(2)情報メディアの構造:技術者が考える情報メディアの構造を明確にし、情報メディアを構築する上で基本となるメディア処理技術について解説する。
(3)情報メディアの発展方向:情報メディア関連の最新研究動向を紹介し、技術者が考える近未来の情報化社会のイメージについて考える。
(4)情報化社会にむけて:社会学者や人類学者の情報化社会に関する理論や考え方を技術的側面から考察し、このような分野で考えられている情報化社会の近未来について考える。