Skip to content. | Skip to navigation

  • 日本語
  • English
 
You are here: Home en Syllabuses (2020) Graduate School of Science Mathematics and Mathematical Sciences Topics in Algebra A

Topics in Algebra A

JA | EN

Numbering Code
  • G-SCI11 90267 LJ55
Term 2020/Second semester
Number of Credits 2 credits
Course Type Lecture
Target Year Master's students
Target Student Graduate
Language Japanese
Instructor(s)
  • Graduate School of Science, Associate Professor ODAKA YUUJI
Outline and Purpose of the Course 標準ケーラー計量の崩壊極限とその代数幾何的側面に関わる話題を扱う。モジュライ空間のコンパクト化への応用を論じる。
Course Goals 標準ケーラー計量の崩壊極限やその代数的側面といった当該分野における基礎的な部分を理解する。
Schedule and Contents 標準ケーラー計量やその崩壊極限(2~5回)
関連する代数幾何・解析幾何的側面(3~6回)
モジュライ空間の非代数幾何的コンパクト化について(2~3回)

ただし、日々発展しているテーマであるために現時点で内容を完全固定することはせず、受講者の状況にも対応しながらも、講義時点での状況を反映してよりよい授業を行う予定である。各サブテーマでの授業回数などもそれに応じてフレキシブルに反映させる。
(後期講義予定週は合計で15週(フィードバックも含む))
Prerequisites None
Preparation and Review 自主的に理解するよう努めてください。