Fundamental Experiments of Organismal Biology

Numbering Code U-SCI00 22730 PJ69 Year/Term 2021 ・ First semester
Number of Credits 2 Course Type Experiment
Target Year 2nd year students or above Target Student
Language Japanese Day/Period Wed.3・4
Instructor name NAKANO TAKAFUMI (Graduate School of Science Associate Professor)
OKAMOTO TAKU (Graduate School of Science Assistant Professor)
NAKATSUKASA MASATO (Graduate School of Science Professor)
SOTA TEIJI (Graduate School of Science Professor)
TAMURA MINORU (Graduate School of Science Professor)
MORI AKIRA (Graduate School of Science Associate Professor)
WATANABE KATSUTOSHI (Graduate School of Science Associate Professor)
MORIMOTO NAOKI (Graduate School of Science Assistant Professor)
FUSE SHIZUKA (Graduate School of Science Assistant Professor)
NAKAMURA MICHIO (Graduate School of Science Associate Professor)
TAKAYAMA KOUJI (Graduate School of Science Associate Professor)
BARNETT, Craig Antony (Graduate School of Science Associate Professor)
MORII YUTA (Hakubi Center for Advanced Research Program-Specific Assistant Professor)
Outline and Purpose of the Course 生物科学における研究対象・材料のひろがりを経験することを主たる目標とする。個体レベルの研究材料から最も基礎的な動物、植物群を選んで解説および実験を行う。
Course Goals 動植物の解剖や、動物園・植物園における生体観察を通して、さまざまな動植物個体の構造や組織的特徴に関する基本的知識を習得する。
Schedule and Contents 以下の材料を用いた形態観察などの実験を各担当者が順次行う。
なお、第4回ー第6回の実習内容は、植物の開花状況、成熟状況を鑑みて、入れ替えることがある。

第1回 ガイダンス・実習内容の説明
     中務真人 理学2号館第1講義室
第2回 植物(種子植物の多様性理解)
     田村 実・高山浩司・布施静香 府立植物園
第3回 脊椎動物(魚類)
     渡辺勝敏 理学2号館417実習室
第4回 植物(種子植物の栄養器官)
     田村 実・布施静香 理学2号館417実習室
第5回 植物(被子植物の生殖器官)
     田村 実・高山浩司 理学6号館404実習室
第6回 植物(シダ植物の形態)
     田村 実・布施静香 理学6号館404実習室
第7回 無脊椎動物(軟体動物)
     森井 悠太 理学6号館404実習室
第8回 無脊椎動物(貧毛類)
     中野隆文 理学6号館404実習室
第9回 脊椎動物(霊長類)
     中村美知夫 京都市動物園
第10回 脊椎動物(鳥類)
     BARNETT, Craig Antony 実施場所の詳細は第1回目で案内
第11回 無脊椎動物(昆虫類)
     曽田貞滋 理学6号館404実習室
第12回 脊椎動物(鳥類)
     岡本 卓 理学6号館404実習室
第13回 脊椎動物(哺乳類)
     中務真人・森本直記 理学6号館404実習室
第14回 脊椎動物(爬虫類)
     森 哲 理学6号館404実習室
第15回 フィードバック(全担当教員)
Course Requirements 学生教育研究災害傷害保険に加入すること。
Study outside of Class (preparation and review) 実習の進行状況に合わせて適宜行う。
References, etc. 旧科目、基礎生物学実験Ⅰ(個体)に対応する。
PAGE TOP