Special Lecture on Chemistry 6

Numbering Code U-SCI00 17606 LJ60 Year/Term 2021 ・ Intensive, year-round
Number of Credits 1 Course Type
Target Year 1st year students or above Target Student
Language Japanese Day/Period Intensive
Instructor name YASUNAGA TAKUO (Part-time Lecturer)
Outline and Purpose of the Course タンパク質や核酸などの生体高分子が担う反応機構の解明には、立体構造(原子モデル)に基づいた理解が必要不可欠である。生体高分子の立体構造決定法として、主にX線結晶構造解析が利用されてきたが、近年の技術革新によって、クライオ電子顕微鏡を利用した立体構造決定が可能になった。結晶化が困難な巨大複合体や膜タンパク質の解析や、複数の機能状態の解析など、電子顕微鏡の利点を生かした構造解析が次々となされ、これまでに理解が及ばなかった複雑な反応機構が明らかにされてきている。クライオ電子顕微鏡法の原理や機器の仕組みから、実際の解析法までを理解し、説明できるようになることを目指す。
Course Goals ・クライオ電子顕微鏡の原理や機器の仕組みを理解し、説明できる。
・クライオ電子顕微鏡画像を用いたタンパク質などの生体高分子の解析法を理解し、説明できる。
Schedule and Contents 1.顕微鏡法の結像理論
2.電子顕微鏡法とその結像理論
3.クライオ電子顕微鏡法で観察できるもの
4.透過像からの3次元再構成の原理
5.単粒子解析法の実際・演習
6.ベイズ推計や深層学習を用いた構造解析
Course Requirements None
Study outside of Class (preparation and review) 特になし
Textbooks Textbooks/References 特になし
References, etc.  Eospedia: http://www.yasunaga-lab.bio.kyutech.ac.jp/EosJ/


PAGE TOP