Cell Biology

Numbering Code U-SCI00 22706 LJ69 Year/Term 2021 ・ First semester
Number of Credits 2 Course Type Lecture
Target Year 2nd year students or above Target Student
Language Japanese Day/Period Tue.2
Instructor name MORI KAZUTOSHI (Graduate School of Science Professor)
IGAKI TATSUSHI (Graduate School of Biostudies Professor)
UEMURA TADASHI (Graduate School of Biostudies Professor)
Outline and Purpose of the Course 細胞生物学は全ての生物生命現象を理解するための基本となる学問である。本講義では,研究の基礎技術を始めとして,細胞生物学の基本についてその概念を解説した後,細胞の構造と機能に関して講義を行う。具体的には,タンパク質の活性化・合成・構造形成・翻訳後修飾,細胞内輸送機構,細胞骨格と細胞接着,組織・器官の大きさ制御,シグナル伝達とがん,さらには細胞競合や細胞死などに及ぶ領域を扱う。細胞の動的側面に重点を置きながら,細胞の不思議を覗き見る。
Course Goals 生物の基本単位である細胞の構造と機能に関する分子生物学的理解を深める。また、細胞生物学の現状と将来的課題について理解する。
Schedule and Contents 1. 細胞構造とオルガネラ(森)
2. タンパク質の活性化(酵素学)(森)
3. 細胞生物学の基礎技術(井垣)
4. 細胞骨格(上村)
5. タンパク質の合成(森)
6. 細胞死の分子機構(井垣)
7. オルガネラへの移行(森)
8. 組織・器官の大きさ制御(井垣)
9. 細胞内輸送系(森)
10. Hippoシグナルとがん(井垣)
11. タンパク質の高次構造形成(森)
12. 細胞外マトリックスと細胞接着(上村)
13. タンパク質の翻訳後修飾(森)
14. 細胞競合とがん(井垣)
15. フィードバック
Course Requirements None
Study outside of Class (preparation and review) 授業中に配布するプリントや参考資料を読むことによって、復習するとともに、次の授業への備えとする。
Textbooks Textbooks/References 適宜講義プリントを配布する。
References, etc. 授業中に適宜紹介する。
PAGE TOP