Set Theory & Topology

Numbering Code U-SCI00 22100 LJ55 Year/Term 2021 ・ First semester
Number of Credits 2 Course Type Lecture
Target Year 2nd year students or above Target Student
Language Japanese Day/Period Mon.3
Instructor name KISHIMOTO DAISUKE (Graduate School of Science Associate Professor)
Outline and Purpose of the Course 集合と位相の基礎についてそれぞれ学ぶ。この二つは三回生以降の数学を学ぶ上で基礎になる事項で、それらを系統的、理論的に学ぶ。
Course Goals 集合論については、基本的な概念、とくに無限についての基礎事項に習熟する。
位相空間論については、位相について学んだあと、連続性・コンパクト性・連結性など基礎事項に習熟する。また、論理的な証明をある程度書けるようになることを目標とする。
Schedule and Contents 以下について、各項目をおよを一回程度講義する。合計15回(フィードバックを含む)行う。

I 集合論
1-2.集合、写像
3.濃度
4.二項関係(同値関係、順序関係)
5.選択公理、Zornの補題

II 距離空間
6.ユークリッド空間の復習、距離空間
7.近傍系と連続写像

III 位相空間
8.位相とは
9.近傍系と連続写像
10.開基と基本近傍系
11.積空間と商空間
12.分離公理
13.コンパクト性
14.連結性
Course Requirements 「集合と位相演習」も併せて履修することを強く推奨する。
Study outside of Class (preparation and review) 授業時間外の演習が重要である
References, etc. 集合と位相, 内田伏一, (裳華房)
PAGE TOP