衛生薬学2(環境衛生学)

Numbering Code U-PHA00 3A213 LJ86 Year/Term 2021 ・ Second semester
Number of Credits 2 Course Type Lecture
Target Year 3rd year students or above Target Student
Language Japanese Day/Period Mon.1
Instructor name NAKAYAMA KAZUHISA (Graduate School of Pharmaceutical Sciences Professor)
Outline and Purpose of the Course 環境と人間の相互作用の重要性を理解し、生活環境の質の評価および確保の方法,および保健衛生について学ぶ。また、化学物質と生体とのかかわり、特に異物の体内動態と代謝反応についての理解を深める。
Course Goals 環境と人間の相互作用の重要性を理解する。
生活環境の質の評価および確保の方法,および保健衛生について説明できる。
化学物質と生体とのかかわり、特に異物の体内動態と代謝反応について理解を深める。
Schedule and Contents 1.無機化学物質による汚染
2.農薬の種類と毒性
3.ダイオキシン類
4.内分泌撹乱化学物質
5.異物の体内動態
6.異物代謝の第一相反応(1)
7.異物代謝の第一相反応(2)
8.異物代謝の第二相反応
9.異物代謝を左右する因子
10.化学物質による発がん(1)
11.化学物質による発がん(2)
12.オゾン層の破壊
13.地球の温暖化
14.水の衛生
15.空気の衛生
Evaluation Methods and Policy 小テスト30%、期末テスト70%
環境と人間の相互作用の重要性、生活環境の質の評価および確保の方法,保健衛生、化学物質と生体とのかかわり(特に異物の体内動態と代謝反応)について理解し、説明できるのかどうかが評価の対象となる。
Course Requirements 事前に衛生薬学1(健康化学)を受講していること。
Study outside of Class (preparation and review) 3回行う小テストの前に、それまでの講義の復習をして臨みましょう。
References, etc. 衛生薬学:基礎・予防・臨床(改訂第3版), 今井浩孝・小椋康光編, (南江堂)
コンパス衛生薬学-健康と環境-改訂第3版, 鍛冶利幸・佐藤雅彦編, (南江堂)
環境衛生科学, 大沢基保・内海英雄編 , (南江堂)
PAGE TOP