臨床実習II

Numbering Code Year/Term 2021 ・ First semester
Number of Credits 8 Course Type Practical training
Target Year 4th year students only Target Student
Language Japanese Day/Period
Instructor name ICHIHASHI NORIAKI (Graduate School of Medicine Professor)
KUROKI HIROSHI (Graduate School of Medicine Professor)
YAMADA SHIGEHITO (Graduate School of Medicine Professor)
AOYAMA TOMOKI (Graduate School of Medicine Professor)
PATAKY,Todd (Graduate School of Medicine Associate Professor)
OOHATA KOUJI (Graduate School of Medicine Senior Lecturer)
MAEDA YUUKO (Graduate School of Medicine Senior Lecturer)
ITO AKIRA (Graduate School of Medicine Assistant Professor)
TANIGUCHI MASASHI (Graduate School of Medicine Assistant Professor)
TANIMA MOMOKO (Graduate School of Medicine Assistant Professor)
TATEUCHI HIROSHIGE (Graduate School of Medicine Associate Professor)
OTA MEGUMI (Graduate School of Medicine Program-Specific Associate Professor)
Outline and Purpose of the Course 大学で指定した学外施設にて実施する。臨床実習指導者の指導のもとに、実際の臨床場面を体験し、社会人・専門職を目指すための態度を養い、この実習を通じて評価から治療行為の実施という一貫した理学療法の遂行が可能になることを目的とする。また、学内での学習を復習し総括するとともに、臨床における思考過程を養う準備とする。
Course Goals 臨床現場での思考過程を養い、評価から治療行為の実施という一貫した理学療法の遂行能力を高める。
Schedule and Contents 1 週 目(45時間)
 オリエンテーション
 患者治療:臨床実習指導者が担当している患者1~2名程度を担当する。
2~3 週目(90時間)
 患者治療:患者数は学生の能力に応じて徐々に増やす。
4 週 目(45時間)
後半の目標を決める。
5~6 週 目(90時間)
 症例報告の準備
 患者治療:学生が不十分な点の重点的指導
7~8 週 目(90時間)
 学生症例報告会
 患者治療:終了時患者評価とまとめ方の指導
 実習後評価
Evaluation Methods and Policy 基本的に実習地の評価表により評価する。学内セミナーでの発表は必須である。
病欠以外は教員の許可がある場合のみ欠席を認める。違反した場合には実習を中止する。
Course Requirements 第6セメスター前半終了時までに開講されたすべての専門基礎科目および専門科目のうち、理学療法学講座学生が履修すべき、すべての単位を修得していること。
Study outside of Class (preparation and review) これまでの講義、実習で学んだことの復習をしておくこと。学内セミナーを準備をしっかりと行うこと。
Courses delivered by Instructors with Practical Work Experience 分類:

A course that includes off-campus training classes.
PAGE TOP