地域看護診断学

Numbering Code U-MED26 34337 LJ94 Year/Term 2021 ・ Second semester
Number of Credits 2 Course Type Lecture
Target Year 3rd year students or above Target Student
Language Japanese Day/Period
Instructor name Shiomi Misa (Graduate School of Medicine Associate Professor)
HOSOKAWA RIKUYA (Graduate School of Medicine Senior Lecturer)
TAIRA KAZUYA (Graduate School of Medicine Assistant Professor)
Outline and Purpose of the Course 地域特性と課題に応じた保健師活動展開のため,地域をアセスメント・診断する理論と方法を学び,実際の過程を,模擬地域を題材にして展開する。
Course Goals 1)地域アセスメント・診断の前提となる考え方と理論・方法について理解し,具体的な展開をイメージすることができる。
2)保健師活動におけるPDCAサイクルの展開と,その中での地域アセスメント・診断の位置づけ・意義を理解し述べることができる。
3)理論を基盤にした地域アセスメント・診断を,模擬地域を題材にして展開し,健康課題と活動の方向性を明確化することができる。
Schedule and Contents 第1回 地域診断とPDCAサイクル
第2回 地域診断の理論と方法
第3-5回 グループワーク①;模擬地域診断(模擬地域の概況理解)
第6-8回 グループワーク②;模擬地域診断(個別事例に象徴された地域課題の洞察,発表)
第9回 地域診断から事業化へ
第10-13回 グループワーク③;模擬地域診断(地域課題を明確化するデータの収集・分析・診断,発表)
第14-15回 グループワーク④;地域診断結果に基づく事業計画立案・提案会

COVID19感染拡大状況により、ZOOMでのオンライン講義となる場合がある。
Evaluation Methods and Policy グループワークの成果物・30点、プレゼンテーションの内容と態度・30点、グループへの貢献度相互評価・20点、最終レポート20点を基準とし、履修態度を勘案して総合的に評価する。
Course Requirements None
Study outside of Class (preparation and review) グループワークの事前学習として関連する情報や知見を得ておくこと
講義内容は、テキストや文献を参照しながら復習しておくこと
Textbooks Textbooks/References 標準保健師講座① 公衆衛生看護学概論, 標美奈子 他, (医学書院), ISBN:978-4-260-03560-6
References, etc. 地域保健福祉活動のための 地域看護アセスメントガイド 第2版, 佐伯和子, (医歯薬出版会)
コミュニティアズパートナー―地域看護学の理論と実際-第2版, 金川克子 訳, (医学書院)
Courses delivered by Instructors with Practical Work Experience 分類:

A certificate-bearing course that includes practical classes related to the certificate.
PAGE TOP