母性看護学実習

Numbering Code U-MED26 34331 PJ94 Year/Term 2021 ・ Second semester
Number of Credits 2 Course Type Practical training
Target Year 3rd year students or above Target Student
Language Japanese Day/Period
Instructor name DOERING KEIKO (Graduate School of Medicine Assistant Professor)
Outline and Purpose of the Course 母性看護学の対象を身体・心理社会的側面から理解し、個別性を軸とした必要なケアを提供できる基礎的能力を学ぶ。
Course Goals 1.母性看護学の特性を理解する。
2.妊産褥婦・新生児の正常性を理解して、看護ケアを展開する。
3.看護ケアを評価し、更に必要なケアについて考察する。
4.周産期への必要な支援について考察する。
Schedule and Contents <実習時期>
11月ー12月
<実習期間>
1週間:病棟
1週間:外来・学外
合計 2週間(90時間)
<実習内容>
病棟:母子を受け持ち看護過程を展開する。
外来:妊婦に対する看護過程を展開する。
学外:地域で行われている子育て支援を見学する。
Evaluation Methods and Policy 病棟実習記録(30点)、外来実習記録(5点)、事前学習ワークノート(15点)、外部施設見学実習記録(10点)、カンファレンス(10点)、実習態度(病棟20点、外来5点、外部5点、計30点)
Course Requirements 母性看護学、母性看護学演習を履修していること。
Study outside of Class (preparation and review) 母性看護学、母性看護学演習を復習して臨んでください。また事前学習も必要です。
Courses delivered by Instructors with Practical Work Experience 分類:

A course that includes off-campus training classes.
PAGE TOP