臨床基礎看護学技術演習

Numbering Code U-MED26 34309 SJ94 Year/Term 2021 ・ Second semester
Number of Credits 1 Course Type Seminar
Target Year 2nd year students or above Target Student
Language Japanese Day/Period Thu.5
Instructor name TAKENOUCHI SAYAKA (Graduate School of Medicine Associate Professor)
Outline and Purpose of the Course 看護における人間の捉え方と、看護の対象となる人の健康上の問題を解決するための基本的考え方および、看護を計画的に展開する際に最も基本となる看護技術を習得する。
Course Goals ・人間関係を形成するためのコミュニケーション技術を習得する。
・ヘルスアセスメントの意義と目的、その結果を実際のケアに結びつけていく態度と技術を養う。
・診断・治療過程に必要な看護援助と安全な実施方法を習得する。
Schedule and Contents 第1回 健康歴とセルフケア能力のアセスメント
第2回 フィジカルアセスメント1:呼吸器系
第3回 フィジカルアセスメント2:循環器系
第4回 フィジカルアセスメント3:腹部
第5回 フィジカルアセスメント4:筋・骨格系
第6回 フィジカルアセスメント5:神経系
第7回 フィジカルアセスメント6:頭部・感覚器・外皮系
第8回 感染予防と無菌操作
第9回 排泄困難時の看護(導尿・浣腸)
第10回 検体検査時の看護(静脈血採血)
第11回 非経口栄養管理と看護(点滴静脈内注射)
第12回 薬物療法時の看護(皮下・筋肉注射)
第13回 報告・連絡・相談 (カンファレンス)
第14回 ヘルスアセスメント総合
第15回 フィードバック
Evaluation Methods and Policy 提出物並びに試験にて評価する
Course Requirements None
Study outside of Class (preparation and review) 事前に指定する学習範囲の予習をしたうえで演習に臨むこと
Textbooks Textbooks/References ナーシンググラフィカ 基礎看護学③ 基礎看護技術, 志自岐 康子, (メディカ出版, 2017), ISBN:978-4-8404-5795-8
References, etc. 根拠と事故防止からみた基礎・臨床看護技術 第2版, 任 和子 / 井川 順子 / 秋山 智弥, (医学書院, 2017), ISBN:978-4-260-03219-3
Courses delivered by Instructors with Practical Work Experience 分類:

A certificate-bearing course that includes practical classes related to the certificate.
PAGE TOP