神経生理学I

Numbering Code U-MED25 23213 LJ87 Year/Term 2021 ・ Second semester
Number of Credits 2 Course Type Lecture
Target Year 2nd year students or above Target Student
Language Japanese Day/Period Thu.1
Instructor name HAYASHI YU (Graduate School of Medicine Professor)
Outline and Purpose of the Course 医療に関わる者に必要となる人体機能のうち神経系の構造と機能について、「生理学I・II」で学んだ内容からさらに発展的な項目について、学習する。毎回の授業で提示される課題について各自で検索・考察することによって神経系について理解を深め、医療専門職として有用となる神経機能の発展的な知識を身につけることを目的とする。
Course Goals 医療の現場で問題に直面した際に、医療専門職として正しい判断がとれるようになるために有用となるヒト神経系についての発展的な知識を習得する。
Schedule and Contents 第1回 神経系の組織、基本的機能と神経伝達物質①
第2回 神経系の組織、基本的機能と神経伝達物質②
第3回 体性感覚①
第4回 体性感覚②
第5回 視覚①
第6回 視覚②
第7回 聴覚・身体感覚・化学感覚
第8回 脊髄の運動制御機構と脊髄反射
第9回 皮質と脳幹によって制御される運動機能
第10回 小脳と大脳基底核の運動全般における役割
第11回 大脳皮質、脳の知的機能
第12回 学習と記憶
第13回 大脳辺縁系
第14回 自律神経系
第15回 試験/学習到達度の評価
第16回 フィードバック
Evaluation Methods and Policy 定期試験(90%)、講義への参加状況(10%)によって評価する。
Course Requirements None
Study outside of Class (preparation and review) 配布資料に示されているチェックリストの各項目について復習し、理解できているかどうか確認して下さい。
Textbooks Textbooks/References スライドと配布資料を使用する。
References, etc. ガイトン生理学 原著第13版, 著=John E. Hall;総監訳=石川義弘・岡村康司・尾仲達史・河野憲二, (エルゼビア・ジャパン), ISBN:9784860347741
≪標準理学療法学・作業療法学 専門基礎分野≫生理学, 奈良 勲/鎌倉 矩子 監修, (医学書院), ISBN:978-4-260-03644-3
PAGE TOP