3251005 Slavic Languages and Literatures

Numbering Code U-LET16 23251 LJ36 Year/Term 2021 ・ Second semester
Number of Credits 2 Course Type reading
Target Year Target Student
Language Japanese Day/Period Fri.4
Instructor name OBIYA CHIKA (Center for Southeast Asian Studies Associate Professor)
Outline and Purpose of the Course ロシア語の読解・運用能力を向上させ、合わせてロシア語による論文の作法・スタイル・表現などに習熟する目的で、人文社会系分野のロシア語学術論文の講読を行う。
Course Goals ロシア語の人文社会系分野の学術論文を辞書・参考書などを利用しながら読み、その内容を理解し、重要なポイントをまとめられるようになる。
Schedule and Contents 各回とも授業担当教員の指定する論文につき、パートごとに担当者を決め、輪読する形式とする。

第1回~第5回 ロシア文化に関する論文を講読する 
第6回~第10回 歴史学関連の論文を講読する
第11回~第15回 民族学・文化人類学関連の論文を講読する
Evaluation Methods and Policy 平常点50%、期末レポート50%で評価する。
Course Requirements ロシア語の基本文法を習得済みであること。
Study outside of Class (preparation and review) 当該回に読み進めるパートについて、あらかじめ辞書等を用いて一通り目を通し、内容を理解し、翻訳ができるようにしておくこと。
Textbooks Textbooks/References 教材となる論文をプリントで配布する。
References, etc. 各自必要な辞書等を持参・利用すること。
PAGE TOP