8433015 Contemporary History

Numbering Code U-LET35 18433 LJ38 Year/Term 2021 ・ First semester
Number of Credits 2 Course Type special lecture
Target Year Target Student
Language Japanese Day/Period Mon.2
Instructor name ITOU JUNJI (Institute for Research in Humanities Associate Professor)
Outline and Purpose of the Course  19世紀後半から1905年までの帝政ロシア支配下のザカフカス(トランスコーカサス)史を、グルジア(ジョージア)中心に概観する。
 ロシア人がチェチェン人やグルジア人に抱くイメージは、少なくとも19世紀以来現代に至るまで、「高貴な野蛮人」あるいは単に「野蛮人」である。ザカフカスは帝政ロシア初の本格的植民地であり、オスマン帝国との最前線の一つでもあった。住民に対する民族学的視線は帝国の統治政策に直結すると同時に、「高貴な野蛮人」への文学的憧憬をも産み出し、それはグルジア人などの現地住民にもフィードバックされた。治安の悪さで悪名高いザカフカスは、傭兵の輸出地としても名高く、義賊伝説に溢れ、スターリン等の革命家を輩出した地でもあった。本講義では帝国とグルジア人の関わりを主軸に、19世紀後半におけるナショナリズムと社会主義の相関関係について考えたい。
Course Goals ロシア帝国に関する基本的知識を習得し、帝国と植民地についての歴史的イメージを会得する。
Schedule and Contents 第1回:イントロダクション
第2,3回:「半アジア人」
第4,5回:露土戦争
第6,7回:「ムスリム・グルジア人」の文字と宗教
第8,9回:油田とマンガン鉱山
第10,11回:マルクス主義サークル
第12,13回:義賊と革命
第14回:1905年
第15回:おわりに
Evaluation Methods and Policy 期末レポート(80点)および中間レポート(20点)による。
Course Requirements None
Study outside of Class (preparation and review) 各自、授業中に紹介する基本文献を読んでおくこと。
Textbooks Textbooks/References プリントを配布する。
PAGE TOP