7031010 Archaeology

Numbering Code U-LET27 37031 LJ38 Year/Term 2021 ・ Second semester
Number of Credits 2 Course Type special lecture
Target Year Target Student
Language Japanese Day/Period Wed.3
Instructor name SHIMOGAKI HITOSHI (Graduate School of Letters Associate Professor)
Outline and Purpose of the Course  考古学は物質資料から、文献史学は文字史料から、過去人類について究明する。両者は目標を同じくしながらも、分析の対象・手法・手段などが大きくことなり、そのため連携が容易ではない。考古資料と文献史料が交錯しはじめる古墳時代は、両者の連携が不可欠であるにもかかわらず、ますます乖離が進んでいる。本講義では、両者の問題意識が相交わる重要テーマを選択し、考古学と文献史学の合流をめざす。
Course Goals  考古資料と文献史料の特性と限界点を理解し、そのうえで両者が交わる古墳時代の社会像に迫るアプローチを習得できるようになる。
Schedule and Contents 第1回.本講義の梗概
第2回.古墳時代の戦争(1)─論点整理─
第3回.古墳時代の戦争(2)─考古学的実態─
第4回.王宮と都市(1)─集落と王宮─
第5回.王宮と都市(2)─都市国家と領域国家─
第6回.「河内王朝論」の現在(1)─王朝交替論から王統変動論へ─
第7回.「河内王朝論」の現在(2)─古墳と「政権交替」─
第8回.地位継承(1)─人骨を中心に─
第9回.地位継承(2)─首長墓系譜を中心に─
第10回.陵墓治定の妥当性
第11回.古墳と国造・県主(1)─研究史と課題─
第12回.古墳と国造・県主(2)─考古資料と仮説─
第13回.『記』『紀』と古墳時代研究(1)─信頼性の学史的推移─
第14回.『記』『紀』と古墳時代研究(2)─節合性の摸索─
第15回.まとめ

事前に受講生に周知のうえ、講義の順番を一部変更することもありうる。
Evaluation Methods and Policy 学期末のレポートにより成績を評価する。
Course Requirements 特になし。ただし、今年度前期の特殊講義「古墳時代の諸問題─考古学を中心に─」を受講しておくと、本講義をさらに深く理解することが可能になる。
Study outside of Class (preparation and review) 古墳(時代)に関する情報を、書籍や実地見学などをつうじて意欲的に吸収しておくこと。状況が許せば、博物館や展覧会に積極的に足を運ぶことも推奨する。
PAGE TOP