5551002 Philosophy of Religion

Numbering Code U-LET07 25551 LJ34 Year/Term 2021 ・ Second semester
Number of Credits 2 Course Type reading
Target Year Target Student
Language Japanese Day/Period Mon.3
Instructor name NEMU KAZUYUKI (Part-time Lecturer)
Outline and Purpose of the Course 前期に引き続き、現代アメリカを代表する大陸哲学系の宗教哲学者John D. CaputoのOn religion(第二版、2019年)を読む。ハイデッガー研究から出発し、デリダから決定的な影響を受けた自らの仕事を「ポストモダン神学」とも規定するカプートの思索は、そもそも「現代」をどのように捉えるかということも含めて、現代を生きる我々が「宗教」と「哲学」を考えていくための手がかりを、いい意味でも悪い意味でも、与えてくれると思われる。
Course Goals 1.英語で書かれた宗教哲学についての議論を正確に理解していくことができるようになる。
2.宗教哲学的な議論を理解し、それを自分の思索に活用していくことができるようになる。
3.自分の思索を相対化させる観点を持てるようになる。
Schedule and Contents 第1回 導入
本講読の進め方を確認し、著者とテキストに関する基本的な事柄の説明等を行う。

第2~14回
テキストの読解と議論等。

第15回
まとめ

*フィードバックついては授業内で周知する。
Evaluation Methods and Policy 平常点50%、学期末レポート50%
Course Requirements None
Study outside of Class (preparation and review) 訳読中心の授業であり、担当者を特に決めずにランダムにあてていくため、全員予習をして来ること。
Textbooks Textbooks/References On Religion(2nd Ed.), John D. Caputo, ( Routledge, 2019), ISBN:978-1138714861
授業中にテキストのコピーを配布する。

PAGE TOP