3431017 English Language and Literature

Numbering Code U-LET18 23431 LJ36 Year/Term 2021 ・ Second semester
Number of Credits 2 Course Type special lecture
Target Year Target Student
Language Japanese Day/Period Thu.3
Instructor name KONOSHIMA NANAKO (Part-time Lecturer)
Outline and Purpose of the Course 『オリバー・ツイスト』は、ディケンズの作品の中でも、映画化や新訳の出版などで日本でもよく知られている作品である。本講義では、作品執筆の背景などを考慮にいれながらテクストを丁寧に読み解き、作品の読みどころについて考えることを目的とする。
Course Goals 文学作品の読解は、文法的または表面的なものだけでは不十分で、社会状況、文学伝統、作者の韜晦などを考慮にいれながら行わなければならない。本講義の到達目標は、『オリバー・ツイスト』を例にこのような読みを試みることで、基本的かつ応用のきく作品読解の力を養うことである。
Schedule and Contents 第1回 題目:Book 1とBook 2 Chapter 11までの総括
作品のこれまでの読みどころについて、総括的に考察する。
第2回 題目:Dickensの時代
19世紀イギリスの社会背景を講義する。
第3回 題目:Book 2 Chapter 12~14
Book 2のまとめ
第4回 題目:Book 3 Chapter 1~3
第5回 題目:Book 3 Chapter 4~6
第6回 題目:Book 3 Chapter 7~9
第7回 題目:Book 3 Chapter 10~12
第8回 題目:Book 3 Chapter 13~15
第9回 題目:Book 3のまとめ、
Book 1 Chapter 17 "streaky, well-cured bacon"について
第10回 題目:ディケンズと都市
第11回 題目:ディケンズと犯罪
第12回 題目:先行する作品論の検証(1)
第13回 題目:先行する作品論の検証(2)
第14回 題目:先行する作品論の検証(3)
第15回 題目:フィードバック
Evaluation Methods and Policy 平常点(各回のコメントペーパー):40%
期末レポート:60%
Course Requirements  特になし。英語で小説を読むことが好きな学生の受講を希望する。
Study outside of Class (preparation and review)  あらかじめ授業で進む範囲に目を通しておいてください。
Textbooks Textbooks/References Oliver Twist, Charles Dickens, (Penguin, 2003), ISBN:978-0-141-43974-7, Edited by Philip Horne
PAGE TOP