6631008 Japanese History

Numbering Code U-LET23 36631 LJ36 Year/Term 2021 ・ Second semester
Number of Credits 2 Course Type special lecture
Target Year Target Student
Language Japanese Day/Period Mon.3
Instructor name IWASAKI NAOKO (The Kyoto University Museum Professor)
Outline and Purpose of the Course 本多利明の著述を素材として、本多が通商・航海を重点として展開した経世論と世界認識との関わりを考究する。
Course Goals 近世後期の経世論の特質を学び、江戸時代の対外関係の段階差に関する基本的事項を理解する。
Schedule and Contents 以下の各項目について講述する。各項目には、【 】で指示した週数を充てる。各項目の講義の順序は固定したものではなく、担当者の講義方針と受講者の背景や理解の状況に応じて、講義担当者が適切に決める。
1.研究史と本講義の視座【2週】
2.「西域物語」を読む
   ヨーロッパ認識【2週】
   アジア認識【2週】
   日本認識【2週】
3.「交易論」を読む
   交易論の特質【2週】
4.「経世秘策」を読む
   経世論の特質【2週】
   世界認識との関係【2週】
4.フィードバック【1週】
Evaluation Methods and Policy 学期末のレポート
Course Requirements None
Study outside of Class (preparation and review) 授業中に予習・復習すべきポイントを指示する。
PAGE TOP