5731012 Aesthetics and Art History

Numbering Code U-LET09 35731 LJ34 Year/Term 2021 ・ Second semester
Number of Credits 2 Course Type special lecture
Target Year Target Student
Language Japanese Day/Period Tue.3
Instructor name OKADA AKEO (Institute for Research in Humanities Professor)
Outline and Purpose of the Course 人間がどう時間を感じていたか ―― それは音楽の中に如実にあらわれる。この授業ではネウマ譜に代わって定量記譜法が登場した中世、小節線が引かれるようになったバロック、そして小節線のスクエアな時間からの解放を探究した20世紀を中心として、時間意識の変化としての西洋音楽史を辿る。



Course Goals 音楽に限ることなく、人間のあらゆる営みを規定するものとしてのリズムにつき、受講者自身が思索を巡らせることを求める。
Schedule and Contents 第一回から第三回:リズムとビートは違う(ウィーン古典派で確立された拍節リズム、ロマン派の時代に出てきた音楽の散文の概念、モダン・ジャズにおけるポリリズム、1970年代の西ドイツにおけるクラウトロックを検討する)
第四回~第六回:時間計測としての音楽史(ネウマ譜からの定量記譜法の誕生、小節線の誕生、拍節リズムの誕生を扱う)
第七回~第八回:時間を逆行させる夢(マショー、アルバン・ベルクと十二音技法、メシアンの逆行不能のリズムを扱う)
第九回~第十一回:シュトックハウゼンの音楽論(トータルセリーの危機、点の音楽、群の音楽、時間と空間の同一性を論じる)
第十二回~第十三回:クセナキスと確率論
第十四回~第十五回:ジョン・ケージ(プリペアドピアノにおける極度に管理された時間から4分33秒における無分節の時間への移行および近藤譲の「線の音楽」について)
Evaluation Methods and Policy レポートによる。評価は到達目標の達成度に基く。独自の工夫が見られるものについては、高い点を与える。単なる既知情報のまとめではなく、各自の明快な問題意識およびその展開を最重視する。
Course Requirements None
Study outside of Class (preparation and review) 授業中に言及した音楽についてYoutubeなどで適宜聴いておくこと。
Textbooks Textbooks/References ネット動画などでとりあげられる音楽作品を自分自身で出来るだけ聴くこと
References, etc. 西洋音楽史, 岡田暁生, (中公新書)
PAGE TOP