政治過程論

Numbering Code U-LAW00 21321 LJ42 Year/Term 2021 ・ First semester
Number of Credits 4 Course Type Lecture
Target Year Target Student
Language Japanese Day/Period Mon.4・Wed.4
Instructor name MASAKI KONDO (School of Government Professor)
Outline and Purpose of the Course  福祉国家の理論および事例について講義し、受講者が福祉国家の発展・変容の政治過程について理解を深めることを目的としています。
 本講義は大きく3つに分かれます。
 第Ⅰ部では、福祉国家の基礎理論について解説します。第二次世界大戦後の国際的な政治経済体制の特徴と、戦後福祉国家が成立した背景について説明した後、それがグローバル化とポスト工業化によって変容していくプロセスを検討します。その上で、福祉国家類型と政治をめぐる主要な理論を取り上げます。
 第Ⅱ部では、福祉国家類型の代表国であるスウェーデン、アメリカ、ドイツ、日本を事例として、理論を援用しながら、その福祉国家・政治について論じます。
 第Ⅲ部では、現代の福祉国家が直面する課題に焦点を当てて、福祉国家の展望について考察します。どのような改革構想が提起されているか、移民の増加は福祉国家にどのような影響を及ぼすか、ジェンダー福祉国家論とは何かなどについて論じます。
Course Goals ・福祉国家理論の基礎を修得すること。
・主要福祉国家の政治過程を理解すること。
・国際比較の観点から、日本の福祉国家の特徴を捉えること。
・福祉国家のゆくえについて考察できるようになること。
Schedule and Contents  以下の順序で各項目について取り上げます。それぞれ1~2回にわたって授業する予定です。

1.イントロダクション:本講義の視点
【Ⅰ部 福祉国家の理論】
2.戦後の政治経済体制
3.グローバル化の政治経済学
4.資本主義の多様性
5.福祉国家の類型論
6.福祉国家の政治経済学
【Ⅱ部 主要国の福祉国家】
7.スウェーデンの福祉国家
8.アメリカの福祉国家
9.ドイツの福祉国家
10.日本の福祉国家
【Ⅲ部 福祉国家のゆくえ】
11.福祉国家改革の構想
12.ジェンダーと福祉国家
13.多元化する福祉
14.移民と福祉国家
≪期末試験≫
15.フィードバック
PAGE TOP