Italian IA

Numbering Code U-LAS25 10006 SJ48 Year/Term 2021 ・ First semester
Number of Credits 4 Course Type Seminar (Foreign language)
Target Year All students Target Student For all majors
Language Japanese Day/Period Tue.5・Fri.4
Instructor name KATAYAMA HIROSHI (Part-time Lecturer)
SHIMODA YOUSUKE (Part-time Lecturer)
Outline and Purpose of the Course この授業は各自が専門とする領域のイタリア語の文献を読む能力の基礎を形成することを目標としている。イタリア語の文法の基礎をしっかり学び、比較的簡単なレベルの読物を自力で読める程度の読解力をつける。
Course Goals 比較的簡単なレベルのイタリア語の読物を自力で読める程度の読解力とそれを支える文法の基礎力を身につける。
Schedule and Contents 教科書を中心に文法の基礎を身につけていく。
読解については、教科書各課の会話文によって平易な文章に慣れることから始める(なお、後期の授業の終わり頃には、ある程度のレベルの講読をも行う)。
2名の担当教員は密に連絡を取りながら一体感をもって授業を進めていく。

前期は、文法事項については以下の予定で学習する。

第1週 発音と表記
第2週 名詞の性数 、冠詞
第3週 essere(be動詞)、形容詞、指示形容詞・代名詞
第4週 存在文、前置詞と定冠詞の結合形、数詞
第5週 avere、名詞・形容詞の特殊変化
第6週 直説法現在の規則変化、所有形容詞・代名詞
第7週 直説法現在の不規則変化
第8週 直接・間接補語人称代名詞
第9週 直説法近過去
第10週 補語人称代名詞の複合形、ci・ne・lo
第11週 再帰動詞
第12週 直説法半過去
第13週 命令法
第14週 直説法未来・前未来
第15週 期末試験/学習到達度の評価
第16週 フィードバック(期末試験の振り返りと夏休み中の自学の方法について説明)

以上のような予定で進めて行くが、授業参加者の理解度に応じて進度が多少変わる場合もある。
Evaluation Methods and Policy 成績については、原則として、定期試験の結果で評価する。試験は火曜日と金曜日、それぞれに試験範囲を設定して計2回実施する。
成績評価基準の詳細については、授業中に説明する。
Course Requirements Refer to "Handbook of Liberal Arts and General Education Courses".
Study outside of Class (preparation and review) 指示に従って教科書や教員が配布するプリントの練習問題を予習すること。また読解プリントも次に読むであろう部分は、辞書で語彙を調べ、文法事項を確認しながら、あらかじめ意味を考えておくことが必要である。さらに、動詞の活用をしっかり覚えることが復習の中心部分を占める。
Textbooks Textbooks/References イタリア語21課, 小林惺, (白水社), ISBN:978-4560017562, 基本的に教科書に沿ってイタリア語文法の基礎を学習する。後期の途中で文法の学習が一通り終わると、片方の授業は読解中心となる。辞書は必ず小学館『伊和中辞典』あるいは白水社『プリーモ伊和辞典』を用意すること。これより下のレベルの辞書では授業に対応できない。もちろん、電子辞書でも『伊和中辞典』が入っていれば構わない。
PAGE TOP