ILAS Seminar

Numbering Code U-LAS70 10001 SJ50 Year/Term 2021 ・ First semester
Number of Credits 2 Course Type seminar
Target Year Mainly 1st year students Target Student For all majors
Language Japanese Day/Period Fri.5
Instructor name YONEDA MINORU (Graduate School of Engineering Professor)
YOKO SHIMADA (Graduate School of Engineering Associate Professor)
Outline and Purpose of the Course 環境リスクとは、環境中、つまり身の回りに存在する微量汚染物質などに起因する健康への悪影響の可能性(リスク)と定義しています。身の回りに存在する汚染物質には様々なものがあり、それらの健康リスクには取るに足りない小さなものから、緊急に対策を要する重大なものまで様々なものがあります。しかし、マスコミでの報道などでは、その健康リスクの大きさが定量的に表現されていることは少なく、いたずらに不安のみを煽るような情報がマスコミやネット上にもあふれ、リスクの大きさに応じて取るべき対策とはことなった対策がとられているような例も数多く存在します。
本授業では環境リスク工学入門として、各受講者が環境中微量汚染物質による健康影響の種類と、その危険性の定量的評価方法を理解して身につけることにより、実際に身の回りに存在する様々な環境リスクを比較し、最適な判断、行動をとることが可能となることを目的としてます。
Course Goals 実際に身の回りに存在する様々なリスクを定量的に評価する方法を理解して、現実のデータ、あるいは模擬データを用いて、様々な健康リスクの定量的評価をEXCELなどを用いて計算する方法を身につけます。さらにいくつかの環境リスクを制御する方法を提案するために、汚染物質が環境中で移動する様子や、それら汚染物質に一般市民が曝露される様子をEXCELを用いて計算する方法も身につけます。
Schedule and Contents 第1回 環境リスクとは(米田と島田):身近に存在する様々な有害汚染物質をリストアップし、それらの毒性について理解する。過去、現在の大きな汚染事件についても紹介する。

第2回 汚染物質の移動(米田または島田):いくつかの汚染物質をピックアップし、その環境中での移動経路や濃度を評価する方法を理解する。(以下、各回に演習を含む)

第3回 曝露量の計算(米田または島田):リスクの定量的評価を行うための各個人の汚染物質曝露量を計算する方法を理解する。

第4回 体内での動態(米田または島田):健康影響が発現するかどうかを判定するため、汚染物質が体内に入ってから、どのように移動し、各臓器にどのように蓄積するかを評価する方法を理解する。

第5回 毒性の種類(確定的影響)(米田または島田):確定的影響とはどのようなものか、さらに、そのリスクの定量的評価方法を理解する。

第6回 毒性の種類(確率的影響)(米田または島田):確率的影響とはどのようなものか、さらに、そのリスクの定量的評価方法を理解する。

第7回 リスクの定量的表現と比較(米田または島田):異なるリスクを同じ定量的尺度で評価する方法と、その計算方法を理解する。

第8回 リスクとベネフィット(米田または島田):リスクとベネフィットを比較して、意思決定する方法を理解する。

第9回 リスクコミュニケーション(米田または島田):リスクの大きさを伝えるには、どのような点に気をつける必要があるかを理解する。

第10回 リスクマネージメント(米田または島田):様々なリスクについて、それらのリスクを制御する方法を理解する。

第11回 環境基準の決め方(米田または島田):環境基準がどのように決められているかを理解し、自分でも様々な管理基準を決められるようにする。

第12回 放射線のリスク(米田または島田):放射線リスクと化学物質リスクの大きさの比較方法を理解し、現在の福島の状況について検討する。

第13回 身の回りのリスクを見つけて評価(米田または島田):各自が自分が注目するリスクをピックアップし、その問題点を明らかにする。

第14回 身の回りのリスクを制御(米田または島田):各自がピックアップしたリスクを管理する方法を提案する。

第15回 フィードバック(米田と島田)
Evaluation Methods and Policy 授業への参加状況(20%)と、複数回の小レポート(50%)および個別発表(30%)で評価する。
レポートおよび個別発表については到達目標の達成度に基づき評価する。
4回以上授業を欠席した場合には、不合格とする。
Course Requirements None
Study outside of Class (preparation and review) ほぼ毎週、演習課題を出します。必ず、次回の講義日までに演習課題を仕上げて、求められれば、講義中に発表できるようにして下さい。
Textbooks Textbooks/References 毎回、プリントを配布する予定です。
PAGE TOP