Philosophy in the Anthropocene

Numbering Code G-LAS10 80020 LB34 Year/Term 2021 ・ First semester
Number of Credits 2 Course Type Lecture
Target Year Graduate students Target Student For all majors
Language Japanese and English Day/Period Thu.3
Instructor name SHINOHARA MASATAKE (Graduate School of Advanced Integrated Studies in Human Survivability Program-Specific Associate Professor)
Outline and Purpose of the Course 温暖化や海面上昇、異常気象の頻発は、ただ自然現象の問題というより、人間生活の基本条件にかかわる事態でもある。それが人間活動の影響により引き起こされているということを認めるならば、自然は人間世界の外側にあるのではなく、人間に不可避的に影響されるものとして存在するようになっているということになるだろう。のみならずそれは、人間生活が、その外部に存在する安定的な自然環境を前提にして構築されるという想定への見直しを迫る事態である。人間生活は、その外部の自然世界と不可避的に連関し、それに撹乱され、脅かされるが、現在この状況を名指すものとして「人新世」という言葉が用いられるようになった。本授業では、人新世に関連する現代の人文科学・哲学の著作、文献を参照し、そこでこのテーマがどのように扱われているかを解説する。「人間生活が地球環境と連関するとはどのようなことか」「人新世で生きる人間とはどのようなものか」という問いをめぐる考察を深めるだけでなく、そもそも「人新世」をめぐる議論が何を意味するのか、「人新世」を語ることの意義とはなにかをも問い、人新世についての哲学的・人文科学的考察についての一定の理解の仕方を提示することを目指す。
Course Goals 「人新世」に関する哲学的・人文科学的な研究の現状を体系的に理解する。のみならず、そこで何が問題になっているかを自分なりに問いつつ考えることで、「人新世」で生きるとはどのようなことか、そこでありうべき未来像がどのようなものかを主体的に想像できるようになる。
Schedule and Contents 第1回 イントロダクション(「人新世の哲学」をめぐって)
第2回 自然科学における「人新世」の議論(”Geology of Mankind”をめぐって)
第3回 人文科学における「人新世」の衝撃(1):人間と自然の境界をめぐって
第4回 人文科学における「人新世」の衝撃 (2):人間世界の「外部」をめぐって
第5回 人新世における人間(anthropo)
第6回 人新世における世界の二面性
第7回 人新世における時空(地質的時間)
第8回 人新世における「政治的なもの」
第9回 エコロジカルな共存:ティモシー・モートンの哲学(1)
第10回 ハイパー・オブジェクト:ティモシー・モートンの哲学(2)
第11回 人新世と現代思想:思弁的実在論
第12人新世と現代思想:技術圏と生命圏
第13回 人新世と人文科学:自然科学との関係
第14回 人新世における人間社会の未来
Evaluation Methods and Policy レポート試験。
Course Requirements None
Study outside of Class (preparation and review) 授業中紹介した文献などを自分で読むことをおすすめする。
Textbooks Textbooks/References 授業中、適宜文献を紹介する。
References, etc. 人新世の哲学, 篠原雅武, (人文書院)
「人間以後」の哲学, 篠原雅武, (講談社)
PAGE TOP