Sports II A

Numbering Code U-LAS41 10003 PJ49 Year/Term 2021 ・ First semester
Number of Credits 1 Course Type Practical training
Target Year All students Target Student For all majors
Language Japanese Day/Period Wed.2
Instructor name OOSONO TAKASHI (Part-time Lecturer)
Outline and Purpose of the Course 実技を通してバレーボールの基本的な個人技能やチーム運営、ゲーム運営を習得するとともに、現代生活においてスポーツに取り組む意義を考察する。バレーボールは、経験や年齢を問わず楽しめる団体競技である。授業では、バレーボールの魅力を少しでも体感できるように、「緩急あるバレー」、「つながるバレー」、「魅せるバレー」の3つを大テーマに授業を進める。前期は、ゲームを楽しみながら盛り上げることを目標に、発展的なチームプレーの技術向上を目指す。
Course Goals 運動を通じて、筋力・持久力・柔軟性・敏捷性・平衡性などの基礎体力を維持・向上させる。バレーボールのルールを理解し、基本スキルを修得するとともに、発展的なプレーに取り組む。身体を動かすことの楽しさ、チームとともに自分の技能が上達していく楽しさを知る。団体行動での「協調性」と「コミュニケーション力」を身につける。週1回の運動実践を通じて、自己の体力づくりと健康管理、健康的な生活習慣の維持に活かす。
Schedule and Contents 毎回テーマを決めて技法やプレーの導入・解説を行うが、授業はチーム別の自主練習や、受講生自身が運営するチーム対抗の実戦ゲームを中心に進める。ゲーム後のチームミーティングでは、良かった点・悪かった点を相互評価し、次回への課題を明らかにする。

第1回 ガイダンス
第2回 アンダーパスの姿勢「腰を落として上目遣いに」
第3回 オーバーパスの姿勢「腰を落として上目遣いに」
第4回 相手を意識したパス「目を合わせて声をかける」
第5回 チャンス球のAパス「セッター頭上に返球する」
第6回 強打レシーブの練習「球と床の間に手を入れる」
第7回 スパイクのステップ「トスに合わせて助走する」
第8回 スパイクのボールコントロール「ドライブ回転」
第9回 二段トスのスパイク「後ろからくるトスを打つ」
第10回 レシーブフォーメーション「前衛と後衛の連携」
第11回 ブロックとレシーブの連携「球のコースを読む」
第12回 地域交流戦
第13回 学部交流戦
第14回 まとめのゲーム
Evaluation Methods and Policy 平常点(出席状況および授業態度など、60%)、期末レポート(40%)。
Course Requirements スポーツ実習Ⅰの履修済みが望ましいが、スポーツ実習IIからの履修、球技が苦手な人や未経験者も歓迎する。
Study outside of Class (preparation and review) 日常生活のなかで意識的に柔軟体操をしたり、エレベーターやエスカレーターのかわりに階段を使ったり、歩くときにサイドステップ・クロスステップ・スパイクの助走ステップを取り入れる。
PAGE TOP