Intermediate Chinese A

Numbering Code U-LAS23 20001 SO48 Year/Term 2021 ・ First semester
Number of Credits 2 Course Type Seminar (Foreign language)
Target Year 2nd year students or above Target Student For all majors
Language Japanese Day/Period Mon.3
Instructor name MITSUHASHI KANAKO (Part-time Lecturer)
Outline and Purpose of the Course 初級で学んだ中国語文法の基礎を定着させるとともに、より詳細な文法知識や表現方法を学び、確かな言語の運用能力を身につけることを目指す。
教科書の本文は中国の大学生二人の会話を主とする。テキストの講読を通して、中国の大学生の生活事情にも触れつつ、中国文化への理解をさらに深めていくことも目的とする。
Course Goals ・初級で学んだ文法の基礎を定着させ、応用できるようになる。
・一つ一つの語句や文の構成について理解できるようになる。
・学んだ文法知識を組み合わせて作文する能力を身につける。
・会話における表現の微妙なニュアンスについて理解を深める。
Schedule and Contents 教科書『大学生のための 中級中国語20回』第1課より第10課までを講読する。
原則として以下の計画に沿って講義を進める。ただし、受講者の習熟度などにより、進度を調整する場合もある。

第1回 授業ガイダンス、第1課「~したことがある(経験)」「動作量補語」など
第2回 第1課続き、第2課「助動詞“会”」「使役文」など
第3回 第2課続き、第3課「近い未来」「“既~又…”」など
第4回 第3課続き、第4課「時間量補語」「“一~就…”」など
第5回 第4課続き、第5課「状態補語」「連用修飾」など
第6回 第5課続き
第7回 第1課~第5課の文法事項復習
第8回 第6課「助動詞“可以”」「結果補語」など
第9回 第6課続き、第7課「~している(進行)」「疑問詞の不定用法」など
第10回 第7課続き、第8課「助動詞“要”」「100以上の数」など
第11回 第8課続き、第9課「~している(持続)」「方向補語」など
第12回 第9課続き、第10課「受け身文」など
第13回 第10課続き
第14回 第6課~第10課の文法事項復習
第15回 定期試験
第16回 フィードバック(※フィードバック方法は別途連絡します)
Evaluation Methods and Policy 「定期試験(筆記)60%」、「平常点(授業ごとの課題、小テストなど)40%」によって評価する。
Course Requirements Refer to "Handbook of Liberal Arts and General Education Courses".
Study outside of Class (preparation and review) 授業前に、「文を繰り返し音読する」「語句の意味を確認する」「文を日本語に訳して実際に書き出してみる」などの予習をしておくことが望ましい。課題として聞き取り問題を行う場合もあるので、語句や表現の音声を耳と口になじませておくこと。
Textbooks Textbooks/References 大学生のための 中級中国語20回, 杉野元子・黄漢青, (白帝社 2019年), ISBN:978-4-86398-369-4
PAGE TOP