Intermediate German A

Numbering Code U-LAS21 20001 SJ48 Year/Term 2021 ・ First semester
Number of Credits 2 Course Type Seminar (Foreign language)
Target Year 2nd year students or above Target Student For all majors
Language Japanese Day/Period Thu.2
Instructor name Takuto Tsuda (Part-time Lecturer)
Outline and Purpose of the Course ドイツ語の文章を文法的に正確に理解し、文脈に応じて日本語訳にする能力を養うことがこの授業の目的です。学期の前半では比較的難易度の低いテクストを題材として初級文法の復習と発音訓練を行い、授業後半でより高度なテクストの購読をもとに総合的なドイツ語能力の向上を図ります。
Course Goals 辞書を用いてドイツ語の文章を読む能力を身に着けることが目標です。
Schedule and Contents この授業はフィードバック(方法は別途連絡)を含む全十五回で行います。初回でオリエンテーションを行い、第2回からテクストの読解を進めます。

授業の前半では、現代ドイツの文化・社会を紹介する比較的平易なテクスト(石井寿子『時事ドイツ語2021年版』朝日出版社)を読むことで、基礎的なドイツ語能力の定着を図ります。語学の初歩においては多読が重要です。受講生はあらかじめテクスト内の単語や文法事項について予習したうえで授業に臨んでください。

授業後半では、Siegfried Kracauer の “Die Angestellten” を取り上げ、精読の訓練を行います。これは、第一次世界大戦後の大衆化と社会的合理化を背景に台頭しつつあったホワイトカラー層を取材したルポルタージュです。ヴァイマル共和国期の終焉に近い1930年に出版されたこの本は、当時のサラリーマンの実態を、文学的手法を取り入れながら分析しています。ナチスの政権奪取の背景には当時の失業問題が大きく影響していることはよく知られていますが、1920年代末期のはたらく人々の意識とその実態はどのようなものだったのでしょうか。これを知ることは、私たちの社会を考える上でもたいへん意味のあることです。

期末試験
Evaluation Methods and Policy 成績評価は、授業への参加度(50%)と学期末試験(50%)とします。詳細は授業中に説明します。
Course Requirements Refer to "Handbook of Liberal Arts and General Education Courses".
Study outside of Class (preparation and review) 履修者の積極的な参加を求めます。予習と復習に十分な時間を作ってください。
Textbooks Textbooks/References 教科書の購入は不要です。教材のプリントを配布します。
References, etc. 見出し語が5万から8万語程度の中級ドイツ語辞書(電子辞書も可)を毎回持参してください。その他の参考書については授業初回に説明します。
PAGE TOP