Sports I B

Numbering Code U-LAS41 10002 PJ49 Year/Term 2021 ・ Second semester
Number of Credits 1 Course Type Practical training
Target Year All students Target Student For all majors
Language Japanese Day/Period Thu.1/Thu.2
Instructor name WATANABE TETSUYOSHI (Part-time Lecturer)
Outline and Purpose of the Course 人生80年以上となった今日、生涯にわたってスポーツを親しむ「スポーツライフ」を送れることが大きな意義を持つようになりました。スポーツを行うことは、心身の健康維持・増進に役立つだけでなく、“仲間づくり”や“生きがいづくり”にも効果的です。このようなスポーツ活動を高齢期になっても継続するためには、学童期から学生時代までのライフスタイルの中で、自分自身がどのようにスポーツと関わりを持つのかが重要な鍵となります。
 本授業では、生涯スポーツとしてのバドミントンを実践することで、スポーツの親しみ方や楽しみ方を学び、大学卒業後も自らが豊かなスポーツライフを設計・実践できる能力を培うことを目標としています。
Course Goals ①知識・技能の観点
 ・バドミントンの基礎的・実践的技術について習得する。
 ・バドミントンの成り立ちやルールについて理解し、その種目に親しむことができる。
②思考力・判断力・表現力等の能力の観点
 ・実際の競技中において適切なプレーを判断し、実践することができる。
 ・仲間と十分なコミュニケーションを図りながらプレーすることができる。
③主体的な態度の観点
 ・積極的に授業に参加し、競技の運営・準備を円滑に進めることができる。
 ・学習を振り返り、適切な改善点を考えながら取り組むことができる。
Schedule and Contents 第1回 オリエンテーション
第2回 バドミントンの歴史
第3回 バドミントンディマンド
第4回 初心者とはなにかを考える
第5回 基礎的技術の原理
第6回 基礎的ストローク技術の習得(1)ドライブ
第7回 基礎的ストローク技術の習得(2)ヘヤピン・ロブ
第8回 基礎的ストローク技術の習得(3)ドロップ
第9回 基礎的ストローク技術の習得(4)クリアー
第10回 基礎的ストローク技術の習得(5)スマッシュ
第11回 基礎的ストローク技術の習得(6)ネットプレー
第12回 基礎的ストローク技術の習得(7)サービス
第13回 ミニゲームからゲームの構造を考える
第14回 ダブルスゲームから戦術・戦略論を考える
第15回 フィードバック
Evaluation Methods and Policy 定期試験を行わず、平常試験(小テスト・レポート等)で総合評価する。
授業参加度80%、レポート20%

①知識・技能の観点
 ・バドミントンの基礎的・実践的技術について習得できているかどうか。
 ・バドミントンの成り立ちやルールについて理解し、その種目に親しむことができているかどうか。
②思考力・判断力・表現力等の能力の観点
 ・実際の競技中において適切なプレーを判断し、実践することができているかどうか。
 ・仲間と十分なコミュニケーションを図りながらプレーすることができているかどうか。
③主体的な態度の観点
 ・積極的に授業に参加し、競技の運営・準備を円滑に進めることができているかどうか。
 ・学習を振り返り、適切な改善点を考えながら取り組むことができているかどうか.
Course Requirements None
Study outside of Class (preparation and review) 次回の授業範囲における専門用語の意味等を理解しておくように予習すること.
PAGE TOP