Jurisprudence

Numbering Code U-LAS06 10002 LJ41 Year/Term 2021 ・ First semester
Number of Credits 2 Course Type Lecture
Target Year All students Target Student For all majors
Language Japanese Day/Period Fri.5
Instructor name USAMI MAKOTO (Graduate School of Global Environmental Studies Professor)
Outline and Purpose of the Course 私たちの生活は、法制度に支えられて成り立っている。さまざまな法制度を深く理解し、正しく評価するためには、正義・自由・平等などの公共的理念に対する正確な理解が不可欠となる。本科目では、法学的観点から、公共的理念をめぐる重要な論点や学説を平易に概説する。

本科目では、履修者数が極めて多数とならない限り、質疑・討論の時間をやや長めに確保する。履修者数が極めて多数に上る場合には、質疑・討論の時間を設けない。
Course Goals 公共的理念に対する正確な法学的理解を習得し、自ら考察を深めることにより、法制度に関する規範的な分析力・構想力を鍛錬することが、本科目の目的である。
Schedule and Contents 次の主題について授業を行う。

1. 序論:法制度における公共的理念【1回】
2. 幸福:法は幸福を最大化するべきか【2~3回】
3. 正義:正義に適った社会とは何か【3~4回】
4. 平等:何の平等か、どこまでが個人の責任か、平等は本当に望ましいか【4~5回】
5. 自由:再分配は自由の敵か【1~2回】

授業回数は、フィードバックを含めて全15回とする。
Evaluation Methods and Policy ○履修者数が極めて多数とはならない場合
質疑・討論における各履修者の発言を、質・量の両面から厳密に評価して記録し、授業参加点を算出する。出席による加点はないが、欠席・遅刻・早退は減点対象となる。

授業参加点(50%)と授業期間中に実施する2回の小テスト(25%×2)の点数とを合計して、最終成績を確定する。

○履修者数が極めて多数に上る場合
授業期間中に実施する中間試験(50%)と期末試験(50%)の点数を合計して、最終成績を確定する。
Course Requirements None
Study outside of Class (preparation and review) ○履修者数が極めて多数とはならない場合
履修者は、十分な予習に基づく積極的な発言を期待される。

○履修者数が極めて多数に上る場合
履修者は、十分な予習を行うことを期待される。
Textbooks Textbooks/References 正義論:ベーシックスからフロンティアまで, 宇佐美誠・児玉聡・井上彰・松元雅和, (法律文化社)
References, etc. 法哲学, 瀧川裕英・宇佐美誠・大屋雄裕, (有斐閣)
その先の正義論, 宇佐美誠, (武田ランダムハウスジャパン)
PAGE TOP