Health Informatics I

Numbering Code G-LAS13 80007 LJ90 Year/Term 2021 ・ Second semester
Number of Credits 2 Course Type Lecture
Target Year Graduate students Target Student For all majors
Language Japanese Day/Period Fri.2
Instructor name NAKAYAMA TAKEO (Graduate School of Medicine Professor)
TAKAHASHI YOSHIMITSU (Graduate School of Medicine Associate Professor)
KATOU GENTA (Kyoto University Hospital Associate Professor)
MIYAZAKI KIKUKO (Part-time Lecturer)
SUGIMORI HIROKI (Part-time Lecturer)
TSUTANI KIICHIRO (Part-time Lecturer)
SONODA YUKI (Part-time Lecturer)
WAKAO FUMIHIKO (Part-time Lecturer)
KURODA SATOSHI (Part-time Lecturer)
NAKATANI EIJI (Part-time Lecturer)
FUJIMOTO SHUHEI (Part-time Lecturer)
Outline and Purpose of the Course 健康・医療情報、データや知識の収集、蓄積、伝達、検索、評価法、情報リテラシー、ヘルス・コミュニケーション(リスクコミュニケーション含む)、個人情報保護などの情報倫理の課題について講義する。疫学やEBMを基本として、医学文献からマスメディア、インターネットによる健康情報まで、さまざまな情報の特徴を知り、それらを主体的、効果的に活用する方法を考える。さらに欧米の医療関係者に関心の高い性格テスト・MBTI(Myers-Briggs Type Indicator)のワークショップを通して、個人の情報処理・認知の特性とコミュニケーションに関して体験的理解を深める。

【大学院横断教育の概要・目的】
健康と医療を巡る情報の解釈・活用能力である「ヘルスリテラシー」は、万人に共通する必須の社会的技能である。本講義では様々な健康・医療の課題を取り上げ、「ヘルスリテラシー」、そして「ヘルスコミュニケーション」の理解を深める。
Course Goals ● 疫学・EBMの知識を応用して、各種の健康・医療情報を適切に活用できる。
● マスメディア情報、インターネット情報を収集し、適正な吟味を行った上で意思決定、問題解決、そしてコミュニケーションの素材とすることができる。
● MBTIの視点から、個人の情報処理・認知、コミュニケーションの特性を理解する。
Schedule and Contents (※変更の可能性があるので開講日に確認して下さい)
第1回  10月 1日 疫学とEBMからの健康情報リテラシー入門(1)(中山)
第2回  10月 8日 疫学とEBMからの健康情報リテラシー入門(2)(中山・中谷)
第3回  10月15日 インターネットとe-ヘルス(高橋)
第4回  10月22日 患者視点の情報:Quality of life と Patient reported outcome(宮崎)
第5回  10月29日 質の高い医療情報の集約・共有・普及:根拠に基づく診療ガイドラインを考える(中山・藤本)
第6回  11月12日 ベネフィットとリスクのコミュニケーション(中山)
第7回  11月26日 医療におけるデータの二次利用の課題(加藤)
第8回  12月10日 健康情報を巡る話題:テクニカル・コミュニケーションの視点から(中山・黒田)
第9回  12月17日 「がん」をめぐる患者・国民・医療者向け情報の整備(若尾)
第10回 12月24日 ナラティブ情報の意義と可能性(中山)
第11回  1月 7日 代替医療とプラセボ:健康情報とコミュニケーションの視点から(津谷)
第12回  1月14日 ヘルス・リテラシーとリスク・コミュニケーション(杉森)
第13回  1月27日 個人の情報処理・認知特性からコミュニケーションへ:MBTI (エムビーティーアイ:Myers-Briggs Type Indicator)  セミオープンワークショップ  13時30分~17時30分(園田)
第14回  1月28日 個人の情報処理・認知特性からコミュニケーションへ:MBTI (エムビーティーアイ:Myers-Briggs Type Indicator)  セミオープンワークショップ  9時~12時、13時~16時(園田)
第15回  2月 4日 総合討論・個別発表 「健康情報学Iを履修して」(中山)
Evaluation Methods and Policy ● 毎回の小レポート提出80%、発表20%
Course Requirements 疫学または根拠に基づく医療(evidence-base medicine: EBM)の基礎知識を持つことが望ましいが、必須ではない。
Study outside of Class (preparation and review) 予習よりも復習に十分時間を取ること
Textbooks Textbooks/References 講義資料は配布、MBTIワークショップのテキストは各自購入(3,000円程度)
References, etc. 健康・医療の情報を読み解く:健康情報学への招待, 中山健夫著, (丸善書店)
ヘルスコミュニケーション実践ガイド, 中山健夫監修, (日本評論社)
FDA リスク&ベネフィットコミュニケ―ション, 中山健夫・杉森裕樹監訳, (丸善書店)
PAGE TOP