Japanese Academic Presentation Skills I

Numbering Code U-LAS29 20029 SJ48 Year/Term 2021 ・ Second semester
Number of Credits 2 Course Type Seminar (Foreign language)
Target Year 1st year students Target Student International students
Language Japanese Day/Period Tue.2
Instructor name DOI MITSURU (Part-time Lecturer)
Outline and Purpose of the Course ・日本語でのアカデミック・プレゼンテーションのための日本語技能を高め、構成力、表現力等を習得し、アカデミック・プレゼンテーションが確実に行えるようにする。
・また日本語でのディスカッションが行える表現方法を学習し、様々なテーマで自分の意見を表明できるようにする。


Course Goals ・自分の意見を表明するため、既習の日本語文法の整理をしたうえで、新たな日本語表現を習得する。
・日本語でのプレゼンテーション構成能力・表現能力を養う。
・提起された問題への日本語での意見表出方法を習得する。
・様々な事象を表現できる日本語語彙を習得する。
Schedule and Contents 本講義では、必要な日本語表現やスキルを身につけながら、与えらたテーマでプレゼンテーションやディスカッションを行う。
第1回 ガイダンス、自己紹介
第2回 専門と研究テーマの発表
第3回 専門と研究テーマの発表
第4回 専門と研究テーマの発表
第5回 言語文化の発表
第6回 言語文化の発表
第7回 言語文化の発表
第8回 言語文化のポスター発表
第9回 アンケート調査の発表
第10回 アンケート調査の発表
第11回 社会問題についてのディスカッション
第12回 自国の社会問題の発表①
第13回 自国の社会問題の発表②
第14回 自国の社会問題の発表③
《プレゼンテーション試験》
第15回 フィードバック

* 語彙、表現に関しては課題を出し、小テストを行う。
Evaluation Methods and Policy ・授業態度30%、プレゼンテーション・ディスカッション・提出課題・小テスト70%、の割合で評価する。
・成績評価の更なる詳細については、授業中に指示する。
Course Requirements 日本語・日本文化研修留学生専用科目として開講する。
Study outside of Class (preparation and review) 与えられた課題を適切に行うこと。
Textbooks Textbooks/References 授業中にハンドアウトを配付する。
PAGE TOP