Sports I A

Numbering Code U-LAS41 10001 PJ49 Year/Term 2021 ・ First semester
Number of Credits 1 Course Type Practical training
Target Year All students Target Student For all majors
Language Japanese Day/Period Fri.2
Instructor name MICHIHATA MEIKO (Part-time Lecturer)
Outline and Purpose of the Course  この講座では、「生涯スポーツの立場」から、テニスを通し、運動不足に陥らない身体づくりの基本的な実施方法と、共に受講する学生との関わりを通して、自分一人でストレスや課題を抱え込まず、共に協力できる仲間づくりの大切さを学ぶ。
 スポーツには、プロスポーツやオリンピックに代表される「競技スポーツ」と、スポーツに楽しみを求め、健康づくりや社交の場としてスポーツを実施し、身近な生活の場に取り入れる「生涯スポーツ」がある。「競技スポーツ」は、技術や記録の向上を目指し、人間の極限への挑戦を追及する選手のスポーツであり、時として健康を害するところまで自分の体や精神を追い込んでしまう危険性をはらんでいる。 一方「生涯スポーツ」は、ひとりひとりのライフスタイルや年齢、体力、運動技能、興味等に応じて、生涯にわたりいろいろな形でスポーツと関わりを持ち、スポーツの持つ多くの意義と役割を暮らしの中に取り入れることを重要としている。

 受講希望の学生は、「生涯スポーツ」の概念を理解し、授業に参加することで、健康寿命の延伸を図ることができる心と身体づくりの基礎を習得することを目的とする。 
Course Goals 授業の目標として、1)雁行陣によるダブルスゲームを楽しむ 2)マナーを理解する。
 本講座では基本技術、試合の進め方・戦略、ルール等、テニスに関する基本的な学習内容を習得し、講座期間内にダブルスゲームが実施できるよう努める。

また、定期的な運動の実施により健康維持・体力増進を図り、テニスのプレー(練習・試合)を通して仲間とのコミュニケーション力を養い、生涯を通じてストレス社会に対応できる力を習得する。
Schedule and Contents 第1回:ガイダンス

ガイダンスを除き、テニスコートでは13回の授業を行う。
(但し、雨天の場合は、体育館の施設を利用しアダブデットスポーツ、トレーニング等を実施する)

<前半:基本動作の習得>

第2回 パタパタフットワークでボールに慣れる...ラケットの使い方、ボールと身体との距離感を感じる。
体幹(身体の軸)を意識したストローク...両手グリップによるストロークを体験する。
第3回 第2回に実施したストロークの方法を充実させる。
第4回 鉄壁のボレー:脚を使って壁つくり...後ろへボールを逃さない壁つくり
第5回 サーブ:唯一自分のペースで攻撃ができる技術...動作を分解してサーブを理解する 
第6回 サーブ:プロの動きを真似てみよう...サーブの動作をビデオチェック
第7回 サーブ&リターンからの3球目:ナイスサーブに見とれず次の対応を!

(基本動作)ストローク、サービス&ストローク、ボレー等の習得 
      できる限り毎週ミニゲーム等ゲーム形式の練習を実施する
      合理的で滑らかな動作の探求を目的とする
      関節や筋肉を中心としたからだのつくり、体幹に重点をおいた動きを理解する

<中盤:応用動作の習得>

第8回 雁行陣型ダブルスゲームの練習1):攻撃位置、防御位置の確認
第9回 雁行陣型ダブルスゲームの練習2):コートのたち位置でボールが返球できる!コート上での役割分担
第10回 雁行陣型ダブルスゲームの練習3):ペアとコミュニケーションをとりながらコート上のたち位置・動きを覚える

(応用動作)ゲームを実施するためのルールを覚える。
      ペアとの動きのバランス等ゲームで必要な動きを理解する。

<後半:ダブルスゲームの実施と戦術の習得>

第11回~第14回 雁行陣型ダブルスゲーム:習得した技術を活かしてゲームを実施
        (レベル別リーグ戦等、学生の人数を考慮して実施する)

(総まとめ)技術の習得、ゲーム戦略等を通して学生間のコミュニケーションを図る。学生の人数、授業の進行状況によりタイブレーク方式の習得を行なう場合もある。
     
第15回 フィードバック 
Evaluation Methods and Policy この授業は実習科目であるため、以下を評価の重要なポイントとする。
① 出席状況と授業への取り組み
② 他の受講生と協力し、テニスの技術習得およびマナーの向上を図れるよう積極的に授業に参加していること


詳細な評価基準として

平常点・・・(60点)
実技点・・・(20点)
      ・基本技術の習得、試合を行うために必要な技術
      (経験に応じ、習熟度の向上を評価する)
      ・ルール等の理解度
     
授業への参加態度・・・(20点)
      ・自己課題への取り組み、課題の記録、フィードバック

      ・初心者は、基本の技術の向上、テニス全般に対する理解度を深める
       ことに専念し、個人のレベル向上を図れるよう積極的に活動する。

      ・テニス経験者は、自身の技術・体力の向上を目指すと共に初心者の
       技術の向上、ルールやマナーの理解を視野に入れ、
       リーダーシップと協調性を持って活動する。
Course Requirements ラケットを持ったことのない初心者から大会出場経験者まで受講可能です。テニスに関する技術レベルに制限はありません。
テニスは技術を要する種目ですが、初心者でも十分にダブルスのゲームができるようになります。経験者、初心者問わず、今もっている力を存分に伸ばす努力のできる学生を希望します。
Study outside of Class (preparation and review) 受験等により、運動不足の学生はそれを補えるよう準備をしておくこと。
日常的にストレッチ、ウォーキングや軽いジョグ、軽等度筋力トレーニングなど、過度にならない程度の運動に努めること。
References, etc. 授業時にプリント等を配布する
PAGE TOP