Readings in Humanities and Social Sciences (All Faculties, English)-E1

Numbering Code U-LAS03 10001 SB48 Year/Term 2021 ・ First semester
Number of Credits 2 Course Type Seminar
Target Year 2nd year students or above Target Student For all majors
Language Japanese Day/Period Wed.3/Wed.4
Instructor name HIRONO YUMIKO (Graduate School of Human and Environmental Studies Professor)
Outline and Purpose of the Course イギリス小説を読む。人間の運命・道徳的選択・孤独・社会との関係など、多様なテーマを含んだ作品を取り上げて、人間の諸問題についての考察を深め、教養を養う。講義形式と演習形式とを組み合わせて、読解力を鍛える。それによって、学術研究のための土台となる語学力を強化する。授業では、19世紀イギリスの小説家ジョージ・エリオットの小説『サイラス・マーナー』(1861)の原文(抜粋版)を精読し、作品解釈を試みる。
Course Goals 英文を精読する力を養い、原書を読む習慣を身に着ける。文学作品を読み味わう楽しみを経験することをとおして、教養を深める。また、たんに主観的な感想をもつにとどめず、テキストの言語・表現を客観的に分析する態度を身につけることによって、学術研究の土台となる考察力を養う。
Schedule and Contents ●第1回 イントロダクション
テキストのIntroductionにそって、作家ジョージ・エリオットの伝記的紹介、および作品『サイラス・マーナー』の背景となった時代・社会、エリオットの思想等についての紹介を行う。教科書の使用の仕方を説明し、授業の進め方と準備・発表の方法を周知する。
●第2回~第13回 テキスト『サイラス・マーナー』の精読。第2回目はテキストのUnit 1を扱い、以後、授業では毎回1Unitずつ進める。
・演習形態を組み入れつつ、作品の解釈やテーマに関する考察、批評の方法等について講義する。
・教科書の各Unitに添えられたExercises(読解力を問う選択問題、キーワード・キーフレーズに関する発表)などを行う。
・履修者は、課題を提出する。
●第14回 まとめ
最終Unitまで読了し、これまでの精読の成果をまとめるとともに、今後の課題や疑問点について議論する。
●第15回:フィードバック(別途連絡する)
Evaluation Methods and Policy レポート試験と、平常の授業への取り組み(提出課題・授業参加状況など)により、総合的に評価する。レポート試験60%, 平常の授業への取り組み40%を目安とする。5回以上授業を欠席した場合は、成績評価の対象としない。
Course Requirements None
Study outside of Class (preparation and review) 授業中に扱う範囲のテキストを、毎回予習して授業に臨むこと。また、課題を提出すること。なお、第1回目からテキストを使用するので、教科書を持参すること。
Textbooks Textbooks/References Silas Marner: The Weaver of Raveloe, George Eliot(著),Hiroshi Ikezono(編), (大阪教育図書)
PAGE TOP