Introductory Seminar on Geography I (Map Reading)

Numbering Code U-LAS05 20020 SJ23 Year/Term 2021 ・ Second semester
Number of Credits 2 Course Type seminar
Target Year All students Target Student For all majors
Language Japanese Day/Period Fri.5
Instructor name Yamamura Aki (Graduate School of Global Environmental Studies Professor)
Outline and Purpose of the Course 本授業では、地形図をもとに過去と現在の景観と地域構造を考える人文地理学・歴史地理学の基礎的な方法を学ぶ。具体的には、日本各地の旧版地形図(明治・大正期の地形図)の土地利用や地形、集落構造などを読み取り、前近代の地域の特性(地域性)を見出す「読図」を行う。そして、明治・大正期以降に作成された、同地域の地形図と比較し、現代の地域の成り立ちを深く考える。
受講生は、それぞれが異なる対象地の地形図を選び、資料室に収蔵される地形図の中から、発表に適した範囲の新旧地形図のコピーを準備する。そして、各自で読図と比較を進め、レジュメを作成し、口頭で発表する。発表に対し、発表者以外は感想・コメントや疑問の提示を行い、更に多くの発見を導く。その中で、適宜、地形図の読み方や対象地域の特性について、解説を行う。
この作業を通じて、地図を読む視点や方法を習得すると同時に、日本の地域の多様性を発見し、その仕組みを理解することが、本授業の目的である。
Course Goals 日本の地形図の基本的な種類・特徴を理解し、同じ場所の新旧地形図を比較できるようになる。地形図を多角的に読み、空間から物事を発想・推定する力を身につける。
Schedule and Contents 第1回 概要説明
第2~3回 読図の練習(グループ)、発表順番・日程の決定
第4~13回 発表・討論
第14回 総括
第15回 フィードバック(フィードバック期間中に行う)
Evaluation Methods and Policy 期末レポート30%、平常点(発表、レジュメの作成、コメントペーパー)70%
Course Requirements 山村亜希担当の「人文地理学」「地域地理学」「ILASセミナー:歴史地理学」のいずれかを受講したことがある。
Study outside of Class (preparation and review) 発表レジュメの作成と準備が予習となる。発表でのコメントや指摘をふまえて、レジュメの改善を行い、期末レポートの作成につなげることが復習となる。
PAGE TOP