ILAS Seminar

Numbering Code U-LAS70 10001 SJ50 Year/Term 2021 ・ First semester
Number of Credits 2 Course Type seminar
Target Year 1st year students Target Student For all majors
Language Japanese Day/Period Mon.5
Instructor name WAKABAYASHI YASUNAGA (Graduate School of Management Professor)
Outline and Purpose of the Course  「ちゃんと考える」ことができるのであれば、私たちは学んでいる内容をよく理解することができる。「ちゃんと考える」ことができるのであれば、私たちは学んだ内容を応用・適用していろいろと考えることができる。「ちゃんと考える」ことができるのであれば、私たちは自分が直面している問題の解決の見通しを得ることができる。「ちゃんと考える」ことができるのであれば、私たちは互いのコミュニケーションを充実させたものにすることができる。「ちゃんと考える」ことができるのであれば、私たちは自分たちの未来を信じることができる。
 しかしながら、知識偏重の学びの中で、学びと言えば暗記や計算という偏りがあって、「ちゃんと考える」ということがなかなかうまくできていないのが現状である。では「ちゃんと考える」ようになろうと思い立っても、考えるということをあらためてどのように鍛えたらよいのか、なかなか明確ではない。
 そこで、本ILASセミナーでは、「ちゃんと考える」ためのツールを提供する教育のためのTOC(Theory of Constraints:制約理論。システムにおける制約に注目したマネジメント理論とツール)を学んで活用できるようになることを目的とする。そのためにKoALAで公開している「クリティカルシンキング入門」の動画講義を受講し、それをもとに成果物の作成、グループディスカッションを行う。そして、「ちゃんと考えるツール」を学び活用できるようになるための、大学生向けのワークショップを企画開催することを最終成果物課題とする。
Course Goals ・教育のためのTOCによる「ちゃんと考えるためのツール」すなわち、ブランチ、クラウド、アンビシャス・ターゲット・ツリーの3つのツールを理解する。
・上記の3つのツールを、勉学、生活、社会活動等に活用して、自分の未来を切り開くことができるようになる。
・教材の作成、ワークショップの企画開催を通じてアウトプットのスキル等が習得される。
Schedule and Contents 第1回  本ILASセミナーの目標と進め方について
第2回  ロジック・ブランチ(1)
第3回  ロジック・ブランチ(2)
第4回  ちゃんと考えていない思考の4大ケース(1)
第5回  ちゃんと考えていない思考の4大ケース(2)制作物検討
第6回  クラウド(1)
第7回  クラウド(2)
第8回  アンビシャス・ターゲット・ツリー(1)
第9回  アンビシャス・ターゲット・ツリー(2)
第10回 ワークショップの企画検討(1)
第11回 ワークショップの企画検討(2)
第12回 ワークショップの企画検討(3)
第13回 ワークショップの開催(時間外を含む)
第14回 ワークショップのふりかえり
第15回 フィードバック(個別の質問等に対応する)
Evaluation Methods and Policy 平常点評価(出席状況、授業時の発表等) 50%
最終成果物(ワークショップの準備・開催) 50%
Course Requirements None
Study outside of Class (preparation and review) ・KoALAで提供される動画講義について授業時の指示に従って、事前に受講することが求められる。
・毎回の授業時に指示される課題について取り組んで授業に参加することが求められる。
References, etc. 考える力の育て方, 飛田 基, (ダイヤモンド社), ISBN:978-4478101537, 本書は教育のためのTOCの3つのツールを使って子どもたちが前進していく事例が紹介されています。
考える力をつける3つの道具, 岸良裕司・きしらまゆこ, (ダイヤモンド社), ISBN:978-4-478-02773-8, 本書は教育のためのTOCの3つのツールをわかりやすく紹介しています。
Related URL http://tocforeducation.org
PAGE TOP