Sports I B

Numbering Code U-LAS41 10002 PJ49 Year/Term 2021 ・ Second semester
Number of Credits 1 Course Type Practical training
Target Year All students Target Student For all majors
Language Japanese Day/Period Thu.2
Instructor name SHIOZAKI YOUKO (Part-time Lecturer)
Outline and Purpose of the Course 【目的】
充実した大学生活を送るためには、日常的に歩く習慣を持つ、スポーツやエクササイズをするなどの身体活動を行い、心身の健康づくりをこころがけることが重要である。この科目では、運動不足による体力の低下や肥満予防だけではなく、生体リズムや精神面の安定をはかるためにも、生活の中に十分な身体活動を根付かせ「主体的な心身の健康づくり」の獲得を目的とする。合わせてコミュニケーションの向上をはかる。

【概略】
体育館にて、有酸素運動、筋力トレーニング、ストレッチングなどのフィットネスエクササイズを行う。 紅葉の時期に屋外ウォーキングを予定している。

【テーマ】
生涯の健康づくり:わが国では20代30代における身体活動量は低下傾向にある。身体活動量の保持は生涯の健康の維持増進に必須であることは周知のとおりである。主体的にエクササイズを実践することで、健康的な学生生活を営み、生涯の健康づくりの基礎を構築する。

Course Goals 1)運動実践を通じた基礎体力の向上と健康の保持増進
2)身体活動の量や強度による科学的原理の理解
3)受講生間および社会を通じて自己信頼性と社会的交流性を啓培し社会的自立性を養成する
Schedule and Contents フィードバックを含む全15回で以下の授業を行う。

(1)ガイダンス
(2)~(14)以下の①から③を受講者の特性に合わせて実施する。

①有酸素運動
屋内
・一定リズムの音楽に合わせたウォーキングやステップなどの低強度から、ジョギングやジャンプなどの高強度のエアロビクスダンス。
・ステップ台を利用した、リズムに合わせた踏み台昇降エクササイズ。
・エアロバイク(現在マシンジムに2台常備)
屋外
3~4kmの紅葉ウォーキング。近隣の寺社を巡る。

②筋力トレーニング
・自重(自分の体重)を利用した自宅でもできる筋トレ。
・マシントレーニング(最新のマシン設備で全身の筋トレ)
・ダンベルやチューブによる器具を使った筋トレ

③その他
ストレッチ・ヨガ・リラクセーション・マインドボディフィットネス(ゆっくりとした動きで心身のバランスを整えるエクササイズ)

【フィードバック】
授業の中で得た知識が、どの程度定着しているか振り返る機会を、試験終了後にフィードバック期間として設ける。予め指定した日時に、体育館講師室内にて希望者に実施する。
Evaluation Methods and Policy 成績評価は出席状況および授業に対する姿勢等を主として評価する。
Course Requirements None
Study outside of Class (preparation and review) 授業後は、学習した内容を日常生活で復習し修得するよう努める。
PAGE TOP