Sports I B

Numbering Code U-LAS41 10002 PJ49 Year/Term 2021 ・ Second semester
Number of Credits 1 Course Type Practical training
Target Year All students Target Student For all majors
Language Japanese Day/Period Tue.1/Tue.2
Instructor name ITOU CHIGUSA (Part-time Lecturer)
Outline and Purpose of the Course テニスというスポーツを通して各種ストレッチ・トレーニングを行うことによって、自身の身体能力を理解し、個々の体力維持に努める。
生涯にわたって行うことの出来る競技なので、これまでに関わる事のなかった学生も気軽に取り組み、心身のバランスを整え健康で豊かな生活をいとなむ方法を学ぶ。
各自が積極的にコミュニケーションをとり、スポーツを通じて社会性を養う。
Course Goals セルフジャッジでゲームが出来ること
自身の体力を把握し、日々において健康管理が出来ること
左右のバランス良く自身の身体をコントロールする体力と能力を習得すること
Schedule and Contents 第1回にガイダンス(体育館メインフロアー)を行う。
第2回以降、テニスコートにおいてスポーツ実習を行う。授業は経験者、未経験者のグループに分け、それぞれのレベルに応じた実習を行うが、後半は全員によるゲーム展開を目指す。

第1回目    オリエンテーション
第2回目    グランドストローク導入(フォアハンド・バックハンド)
第3回目    ストローク復習
第4~5回目  ストロークラリー・ボレー・各レベルに分かれてミニゲーム
第6~7回目  複合練習・サーブ・ミニゲーム
第8~9回目  複合練習・ロビング・スマッシュ・ミニゲーム 
第10~11回目  コーディネーショントレーニング・ゲーム
第12~14回目  複合練習 及び 様々なチームでゲーム
第15回目    フィードバック

特に未経験者にはラケットの使用方法から基礎練習を反復して行い、生涯に渡って継続できるようにテニスの楽しさを学習する。経験者にはゲーム中心の実習を行うが、未経験者ともコミュニケーションをとりながら授業を進める。実習の進行状況によって変更する時がある。
実習は競技力向上のみを目的にするものではなく、左右のバランスを大切に全身運動となるような内容に取り組む。
実習前・実習後にはトレーニング・ストレッチを行い各自の健康維持を目指す。
雨天時には室内にてニュースポーツを楽しむ。
Evaluation Methods and Policy 成績は平常点(出席と参加の状況(60%)、実習への取り組み態度(40%))により評価する。ただし、個々の能力の優劣より実習への取り組み態度を重視して評価する。
Course Requirements 特に無し。
初心者・未経験者も基礎・基本の技術から反復練習を重視していきます。
Study outside of Class (preparation and review) 様々な試合の観戦
自己の体調管理(食事・水分補給・睡眠等)
PAGE TOP