Sports I A

Numbering Code U-LAS41 10001 PJ49 Year/Term 2021 ・ First semester
Number of Credits 1 Course Type Practical training
Target Year All students Target Student For all majors
Language Japanese Day/Period Fri.1/Fri.2
Instructor name ITOU CHIGUSA (Part-time Lecturer)
Outline and Purpose of the Course アダプテッド・スポーツとは?
性別や年齢、体力、経験の有無に関わらず誰でも気軽に参加でき、楽しむことができるようルールや用具を工夫し適合(adapt)させたスポーツのことをいう。
この授業では“身体を動かす楽しさを実感すること”を一番の目的として、一般的に「ニュースポーツ」と呼ばれているレクリエーショナルなスポーツを数種類取り上げる。
様々な種類のスポーツを体験することによって運動の楽しさを味わい、個々の心身の状態に応じたスポーツを楽しむ方策、又、サポートの方法を見出し、生涯を通してスポーツに親しむ力を身につける。
個々の技術的能力にとらわれず、各々が積極的にコミュニケーションをとることで社会的自立心を養う。
Course Goals 各ニュースポーツの特性をとらえ、各自が十分に身体を動かし、リフレッシュ効果を図る
自身の左右のバランスを把握し、イメージ通りに身体をコントロール出来る感覚をつかむ。
Schedule and Contents ▼授業の流れ
第1回:ガイダンス(体育館メインフロア)
第2回:アダプテッド・スポーツとは?授業で取り上げるスポーツの紹介・身体作り
第3~14回:
 ・ウォーキング(大学周辺)
 ・エアロビクス(サブアリーナ)
 ・ペタンク(グラウンド)
 ・フライングディスク①ディスクゴルフ(グラウンド) 
 ・フライングディスク②アルティメット(グラウンド)
 ・キックベースボール(グラウンド)
 ・インディアカ(サブアリーナ)
 ・ドッヂビー(サブアリーナ)
 ・ソフトバレー(ブラインドバレーボール)(メインアリーナ)
 ・ファミリーバトミントン(メインアリーナ) 
 ・ミニテニス(メインアリーナ) 
 ・ブラインドテーブルテニス(サブアリーナ)
 ・車椅子バスケット(メインアリーナ)
 ・吹矢(サブアリーナ)
第15回:フィードバック
 
出来る限り沢山のスポーツに取り組んでみる。
準備運動の中で、基礎体力向上のためのストレッチ・筋トレを行い、その後
ルール説明、基本練習、そしてゲーム(個人戦・チーム戦)を中心に進める。
授業はスポーツの種類によって体育館または吉田南グラウンドで行う。
身体をたくさん動かすものから頭脳プレーが重要なものまで、バラエティに富んだ様々なスポーツを取り上げていく。どのスポーツも簡単なルールでわかりやすく、誰でもすぐに始めることができるため、スポーツが得意な人はもちろん、普段スポーツをしない人や運動が苦手な人も気負わずに受講してもらいたい。
Evaluation Methods and Policy 成績は平常点(出席と参加の状況(60%)、実習への取り組み態度(40%))により評価する。ただし、個々の能力の優劣より、実習への取り組み態度を重視して評価する。
Course Requirements 履修要件は特になし。
体力、スポーツ経験の有無に関わらず誰でも履修できる。また、女子学生も履修しやすいよう配慮してある。
Study outside of Class (preparation and review) インターネットによる各種目の検索。
各自の体調管理(食事・水分補給・睡眠等)
PAGE TOP