Introduction to Humanosphere Science I

Numbering Code U-LAS61 10003 LJ58 Year/Term 2021 ・ First semester
Number of Credits 2 Course Type Lecture
Target Year All students Target Student For all majors
Language Japanese Day/Period Mon.2
Instructor name OOMURA YOSHIHARU (Research Institute for Sustainable Humanosphere Professor)
YAMAMOTO MAMORU (Research Institute for Sustainable Humanosphere Professor)
EBIHARA YUUSUKE (Research Institute for Sustainable Humanosphere Associate Professor)
Outline and Purpose of the Course 私たち人類の生存圏である地球は, 宇宙の中における存在であり, 太陽に支配される宇宙環境から大きな影響を受けている. 地球を健全な状態に維持し,そこで循環する生命の営みを持続的に保つためには,地球とそれを取り巻く宇宙環境の科学的な認識が必須である. 本講義では, 宇宙・地球環境計測による正確な診断の重要性と, 人類が直面する地球環境, 宇宙環境由来の諸問題に対して対策を得ていくその必要性について考える.
Course Goals おもに, 宇宙環境, 地球の大気状態の正確な計測とその現象把握,そしてその環境が,
われわれ人類の持続的発展にあたえる影響について, 理解を深める.
Schedule and Contents 2021年度は3名の講師のリレー講義を実施する.

地球を取り巻く宇宙環境について概説したのち, オーロラをはじめとする, 宇宙に起源をもつ諸現象について述べる. 歴史文献を使った「宇宙環境の考古学」を紹介する.(海老原)
人工衛星の周辺環境である宇宙プラズマの概説を行ったのち, そこに生起する興味深い電磁現象とそのリスクについて述べる. 宇宙から実施する森林圏のリモートセンシングについて紹介する.(大村)
地球大気のなりたちについて概説したのち, 地上のレーダーから大気計測と衛星からの地球大気観測について述べる. 大気大循環について概説したのち, 地球と宇宙の接点について紹介する.(山本)

各講義のタイトルを示す. 講義の順番は変更されることがある.
本講義はフィードバックを含め全15回で行う。

1. 宇宙圏のなりたち:基本構造とダイナミクス(海老原)
2. 宇宙圏の変動I:オーロラ(海老原)
3. 宇宙圏の変動II:宇宙嵐(海老原)
4. 宇宙圏の過去と未来:歴史文献から探る宇宙圏の過去と未来予測(海老原))
5. 宇宙圏の電磁環境:宇宙プラズマ波動(大村)
6. 宇宙圏のリスク:宇宙線と放射線帯(大村)
7. 宇宙圏の開拓:月面利用と惑星探査(大村)
8. 宇宙圏の利用:森林圏のリモートセンシング(大村)
9. 人類生存圏としての地球:地球大気のなりたち(山本)
10. リモートセンシングの原理: レーダーによる大気観測(山本)
11. 衛星観測の原理:衛星観測から得られるさまざまな情報(山本)
12. 地球大気の温度と流れの構造:グローバルな大気循環(山本)
13. 地球と宇宙の接点:電離圏とはどういうところか(山本)
Evaluation Methods and Policy 評点は, 平常点(出席と参加の状況、授業内レポート) 40%, 期末試験 60 % とする. ただし, (フィードバックを除く)全講義回数の2/3以上に出席しない場合は単位を認めない.
Course Requirements None
Study outside of Class (preparation and review) 配布する資料および講義のノートにもとづいた復習をおこなうこと.
References, etc. 生存圏科学への招待
http://www.rish.kyoto-u.ac.jp/shotai2/

Related URL http://www.rish.kyoto-u.ac.jp/
PAGE TOP