Advanced Dynamics

Numbering Code U-LAS12 10014 LJ57 Year/Term 2021 ・ Second semester
Number of Credits 2 Course Type Lecture
Target Year 1st year students Target Student For science students
Language Japanese Day/Period Wed.2
Instructor name MIYAZAKI SHIYUUJI (Graduate School of Informatics Senior Lecturer)
Outline and Purpose of the Course フィードバックを含め全15回とし、質点の力学の知識を前提として、質点系の力学と剛体の力学を講義する。非慣性系(特に、回転座標系)における運動方程式の説明を行なうと共に、コマの運動などを含む剛体の運動を記述する方程式を導き、それを用いて剛体の運動を調べる。理科系学生を対象とする。
Course Goals 剛体と質点系の力学を理解し、その解析手法を習得する。
Schedule and Contents 講義の主な内容は以下の通りである。フィードバックを含め全15回とし、各項目について、2~3回の講義を行う。

1. 相対運動と非慣性系における運動方程式
  座標の並進加速系、座標の回転系、非慣性系における質点の運動
2. 質点系の運動
  質点系と外力・内力、質点系の重心と相対運動、質点系の運動法則、
  質点系の万有引力ポテンシャル
3. 剛体の運動
  剛体の運動学的性質、剛体の一般運動、固定軸または固定点による束縛を
  受けている剛体の運動、剛体の平面運動、撃力を受けた剛体の平面運動
4. 固定点のまわりの剛体の回転運動
  オイラーの角、仕事とエネルギー、剛体の自由回転、コマの運動
5. 固定点のない剛体の運動
  コマのいろいろな運動、ブーメランの運動など

PandAに各回の小テストの問題を掲載する。
小テストの手書き答案をPDFファイルに変換して、
PandAを通して,提出すること。
答案提出方法などについては、
PandAにて改めて指示を行う。
Evaluation Methods and Policy 各講義回ごとに、PandAの課題として小テストを実施する。
その答案の得点をすべての講義回にわたって合計したものに基づいて、
平常点成績(100点満点)を評価する。
定期試験成績(100点満点)をA、平常点成績(100点満点)をBとし、
max(A,(A+B)/2)が60点以上であることを合格の条件とし、
この素点による評価を行う。
なお、定期試験が実施できなくなった場合は、
平常点成績(100点満点)のみを用いて成績評価を行う。
Course Requirements 講義の理解には「物理学基礎論A」を履修していることが求められる。
Study outside of Class (preparation and review) 毎回の小テストについては、解答例を配布するので、
講義中に正答に至らなかった部分を中心に復習を行うこと。
小テストの問題は期末試験の問題案でもある。
PAGE TOP