Basic Organic Chemistry I

Numbering Code U-LAS13 10007 LJ60 Year/Term 2021 ・ First semester
Number of Credits 2 Course Type Lecture
Target Year Mainly 1st year students Target Student For science students
Language Japanese Day/Period Thu.2
Instructor name SUGINOME MICHINORI (Graduate School of Engineering Professor)
OOE KOUICHI (Graduate School of Engineering Professor)
TANAKA KAZUO (Graduate School of Global Environmental Studies Professor)
NAKAO YOSHIAKI (Graduate School of Engineering Professor)
Outline and Purpose of the Course 理科系化学(工学部工業化学科1回生クラス指定授業)を対象とする。医薬品・農薬・香料・材料等の有用物質を分子レベルで理解することを目的とし,それに必須な有機化学を系統的に学ぶ入口として,本講義を開講する。
Course Goals 分子の科学としての有機化学の基礎を修得し,有機化学の上級を学ぶ基盤を形成する。
Schedule and Contents 指定した教科書を用いて,下記に設定した項目につき,1~3回の講義を行う。これにフィードバック授業を1回開講し,合計15回とする。

1. 有機化合物の構造と化学結合
2. 分極した共有結合:酸と塩基
3. アルカン・アルケンの構造とその立体化学
4. 有機反応の概観:熱力学的理解と反応機構
5. アルケン・アルキンの反応:付加反応・脱離反応・酸化還元反応
6. 生命に関する有機化学
Evaluation Methods and Policy 平常点(出席と参加の状況、宿題とその取り組みの状況、合計20点)および期末試験(80点)により行う。
Course Requirements 1回生はクラス指定の時間に受講すること。
Study outside of Class (preparation and review) 復習のための宿題を課し、提出を求める。
Textbooks Textbooks/References 柴崎、岩澤、大和田、増野監訳『マクマリー有機化学 生体反応へのアプローチ』(東京化学同人) ISBN:978-4-8079-0691-8
PAGE TOP